マイケル・ジャクソン、ロンドンでのファイナル公演を発表

ツイート
マイケル・ジャクソンが7月、ロンドンのO2アリーナ(1万8,000~2万人収容)で10公演を行なうことが明らかになった。これは“ファイナル・カーテン・コール”になるという。

現在、ロンドンに滞在中のマイケルは木曜日(3月5日)、そのO2アリーナで記者会見を開き、集まったジャーナリストやファンを前に「このショウが、ロンドンでのファイナル・パフォーマンスになる」と宣言した。「確かです。僕がこれまでといったら、これまでです」この言葉通り、公演には『This Is It』とのタイトルが付いているそうだ。

BBCによると、コンサートの初日は7月8日。これまでの集大成となるようだ。マイケルは「ファンが聴きたい曲をパフォーマンスします。ファイナル・カーテン・コールです」と話している。マイケル自身は、コンサートの回数を明らかにしていないが、すでに地下鉄の駅などに張られたポスターには10公演と記されている。

ここ数日、マイケルがコンサートの日程を発表するとの噂が流れており、マイケルが滞在するホテル前には多くのファンやマスコミが待機。マイケルのソックリさんが現れ、物まねを披露するなどの余興(?)もあった。

マイケルが最後にフル・コンサートを開いたのは2001年(30周年記念コンサート)。ツアーを行なうのは12年ぶりとなる。チケットは3月13日から発売。ようやくのカンバックにしてラスト。記録的な速さで売り切れることだろう。

「愛してるよ。僕がみんなを心の底から愛してるってこと、本当にみんなにわかってもらいたい。これまでだ。7月に会おう」──マイケル・ジャクソン。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報