メタリカのラーズ、自分のアルバムを違法ダウンロード

ツイート
メタリカのラーズ・ウルリッヒは、“試しに”自分たちの最新アルバム『Death Magnetic』を違法ダウンロードしたことがあるそうだ。

彼は、VH1にこう話した。「俺自身、ネットから『Death Magnetic』をダウンロードしたことがある。試しにね。“こうやってやるのか”って思ったよ。『Death Magnetic』をただでダウンロードする権利があるのは、俺をおいてほかにないって思ったんだ」

メタリカは、著作権侵害などで2000年、共有ファイルNapsterを訴えたことがある。違法ダウンロードがさらに増えた現在、『Death Magnetic』は、ネットでのリークがひどく発売を数日早められたという経緯がある。ラーズがダウンロードを試みたのは、リークされた数日後だったという。友人と飲んでいて、思いついたらしい。「(共有ファイルで)見つけたよ。リークされて2,3日後だった。(一緒にいた友人たちに)“おい、俺、試してみるぜ”って言ったんだ。30分後には、俺のPCに『Death Magnetic』が入った。ちょっと奇妙だったぜ」

メタリカ関連ニュースとして、日曜日(3月8日)フロントマンのジェームズ・ヘットフィールドが脱水症でダウンしたため、スウェーデンでの公演が急きょキャンセルされた。ヘットフィールドは翌日、アメリカへ戻ったという。3月後半からはUK/ヨーロッパ・ツアーが再開するが、そちらに支障はないようだ。

◆iTunes Store メタリカ(※iTunesが開きます)

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス