絢香、人肌にも似た暖かい<アースデー・コンサート>

twitterツイート
2009年第一弾シングル「夢を味方に/恋焦がれて見た夢」の発売日となった4月22日、絢香が日本武道館にて<コスモ アースコンシャス アクト アースデー・コンサート>のパフォーマンスを行なった。

◆絢香、人肌にも似た暖かい<アースデー・コンサート> ~写真編~

2009年で20回目を迎えたこのイベント、もちろんチケットは即日完売していたものだ。満員の会場では、19時の開演と共に、絢香とアルピニスト野口健が千葉県浦安市明海小学校の6年生たちと行なった記念植樹の模様が映像で流れ、地球環境の保護と保全を呼びかける様子にオーディエンスは釘付けとなった。

映像が終了し、絢香が登場すると会場は一気にヒートアップし、全員総立ちの中1曲目の「おかえり」、続いて「愛を歌おう」を披露。その後、絢香から「お騒がせしましたという感じですが、これからもひとつひとつを頑張っていきたいと思いますので、変わらず応援宜しくお願いします」と挨拶があると、集まったファンからは暖かい声援が送られた。

コンサートの途中には、ヒマラヤ登頂中の野口健とも衛星生中継が繋がり、会場に設置されたスクリーンに野口氏が登場。絢香が「こちらは盛り上がってますよ~」と熱気溢れる会場から呼びかけると、野口氏からは「こっちは寒い…」との返答。標高5000mの地点でも雪が溶けているときもあり、地球の温暖化を実感するという野口健。わかりやすいエピソードと笑いを交えながら、野口氏と絢香それぞれに環境問題を考えようとする姿がオーディエンスひとりひとりに届いたことだろう。

このコンサートの模様は、TOKYO FM及び全国JFN系38局、そして世界29ヵ国のラジオ局で生放送されていた為、緊張したという絢香だったが、コンサート当日発売となった新曲2曲をはじめ、「I Believe」「三日月」そしてアリシア・キーズの「イフ・アイ・エイント・ガット・ユー」をカヴァーするなど、本編では全14曲を披露した。

アンコールでは、スペシャル・ゲストとして小田和正がサプライズ登場。このコラボは絢香の熱いラブコールで実現したものだ。絢香の呼び込みで小田和正が登場すると、突然の豪華ゲストに会場からは大歓声があがった。絢香のリクエストだったという「生まれ来る子供たちのために」と「たしかなこと」をコラボレートし会場内を大きく沸かせた。

超プレミアムライヴの締めくくりは、絢香が友達に向けて書いた大切な楽曲という「みんな空の下」。これは現在、花王「アジエンス」のCMソングとして流れている未発表の新曲だ。初めてライヴで披露したというこの曲を、会場の隅々まで届くように丁寧に歌い、アンコール含めて全17曲が心に染み渡るように武道館を震わせた。終始、「絢香~!」という声援が飛び交う、人肌にも似た暖かいコンサートとなった。

PIX by TSUKASA

◆iTunes Store 絢香(※iTunesが開きます)
◆絢香オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス