ゴンチチ、CDを凌駕する音質でライヴ音源配信開始

ツイート
ゴンチチの最新ライヴパフォーマンスの音源が、2009年4月22日からダウンロード開始となった。24bit/48kHzという最高品質の音源でのリリースである。販売はオンキヨーの高品質音楽配信サイト「e-onkyomusic」で行なわれている。

当作品「LIVE at shirakawa hall '09 ~Online Limited 2~」は、大ロングセールス中の前作「Online Limited 1」(2007年12月リリース)に続く、ゴンチチ配信限定リリース・シリーズ第2弾にあたるもの。2009年3月にNONPAで行なわれたゴンチチの真骨頂であるギター2本だけの演奏を、ホールの持つアンビエンスまでリアルに捕らえた極上音源だ。

今回は前作を越える24bitで収録が行なわれている。16bit(パッケージCD)の256倍の分解能をもつスペックにより、前作から更に増した臨場感や深み、温かみが大容量コンテンツのなかに余すところなく閉じ込められているという。アコースティックギター・ファンはもちろん、全てのオーディエンスにその音質の違いを提供したいという願いが込められているのだ。

なお、楽曲単位ではなくアルバムで購入すると、当日の「コンサート・トーク」がもれなく24bitでダウンロードできるサービスも。曲間の2人の掛け合いはコンサートの呼び物のひとつだけに、やはり全曲コンプリートがベストだ。

「e-onkyomusic」では、2009年3月から河島英五の未発表ライブ音源も24bit/48kHzの高品質サウンドで独占配信を開始している。2005年のサイト開設以降、石川さゆり、森昌子、イルカ、かぐや姫といったアーティストの作品を24bit高品質で配信しており、今後もラインナップは増やしていくとのこと。

アーティストが伝えたい表現をロスすることなくきっちりと享受する喜び、その感動を是非あなたにも。

◆「ゴンチチ」最新録音の特集ページ(e-onkyo music内)
◆ゴンチチ・オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報