配信停止の酒井法子「碧いうさぎ」がiTunesで1位に

ツイート
酒井法子の「碧いうさぎ」が、8月11日15時現在、iTunesのトップソングチャートで1位を獲得している。

今回1位にチャートインした楽曲は、ビクターエンタテインメントが音楽事業を初めて80周年を記念して、1970年から2007年までのヒットソングをまとめた配信限定のコンピ盤『VeCTORY!』シリーズの『VeCTORY! 1991~1995』に収録されているもの。BARKS編集部では11日15時の段階でiTunes Storeから実際に同楽曲が購入できることを確認したが、その他各配信サイトではこのアルバム収録の同楽曲に関しても配信はすでに停止されており、iTunesでの配信が停止されるのも時間の問題だと思われる。

また、iTunesに寄せられている同曲へのユーザーレビューには、楽曲に罪はないといった意見や、アーティストが罪を犯したからといって、作品を販売禁止にするのはやめてほしいといった声が寄せられている。焚書行為と変わらないとの意見も散見される中、今回のiTunesのチャート1位も配信中止を惜しむファンがiTunesに殺到し、ダウンロードしたためではないだろうかと推測できる。

ビクターエンターテインメントでは、酒井法子が覚せい剤取締法違反で逮捕されたことに関連し、酒井法子の関連商品の出荷停止、店頭よりの回収、関連楽曲の配信停止、及び9月16日に発売を予定していた『酒井法子ゴールデン☆ベスト』の発売中止を発表している。

◆BARKS iTunes チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報