ジム・ジョーンズ、暴行罪を認める。

ツイート

昨年12月、ニューヨーク5番街のルイ・ヴィトンで、シンガー、ニーヨ(Ne-Yo)一行の同伴者を殴るなど暴行を加えたとして訴えられていたジム・ジョーンズ(Jim Jones)が、有罪を認めた。

ハーレム地区出身のラッパー/起業家として知られるジム・ジョーンズだが、被害者Jayvon Smithとは以前から不仲であったことが明らかになっている。当初は12月24日クリスマスイブに起きたと報じられたこの事件、公判記録によると正確には22日に起きていたとのこと。ジム・ジョーンズは今回有罪を認めたものの刑は軽く、事件当初の出頭時に獄中で過ごした時間のみで新たな刑罰は科せられない模様。ただしSmithが民事訴訟を起こしており、損害賠償を求められることになりそうだ。

◆ジム・ジョーンズ Artist Info(notrax)
◆ジム・ジョーンズ Artist Video(notrax)
text by notrax
この記事をツイート

この記事の関連情報