ロニー・ジェイムズ・ディオ、胃がんを公表

ツイート
レインボー、ブラック・サバスなどに在籍したロニー・ジェイムズ・ディオ(67歳)の奥さんが、ディオが胃がんを患っていることを公表した。ディオは先週、健康状態がすぐれず入院したためヨーロッパ・ツアーをキャンセルすると発表していた。

◆ロニー・ジェイムズ・ディオ・メッセージ映像(2005年6月)

マネージャーでもあるディオの奥さんウェンディは木曜日(11月25日)、公式サイトにて、ディオが胃がんと診断されたことを明らかにした。「ロニーは、早期胃がんだと診断されました。直ちに病院にて治療を始めるつもりです。このドラゴンをやっつけたら、ロニーは、彼のいるべき場所、ファンの前でプレイするという1番好きなことができるステージへ戻ります。お見舞いの言葉を送ってくれた友人やファンの方全員に感謝します。彼を元気づけるのに大変助かりました。ロックンロール、万歳。ロニー・ジェイムズ・ディオ、万歳」

現在、ロニーが率いるバンド、ディオは来週からUKツアーを、12月にはヨーロッパ・ツアーを行なう予定だった。

一日も早くステージへ戻ってきてくれることを願おう。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報