桜散る季節にBARKS編集部ガチンコ企画「この曲、自腹で買いました」BARKS編集部(望)編

ツイート

「せっかくいいオーディオセットが編集部にあるんだから、何か気になるCDを買ってきて聴いて記事を書いてみては?」という編集長の提案により始まった当企画。普段は気になる作品はamazonで大人買いをしているのですが、せっかくなので今回は「CDショップ立ち寄り」という音楽媒体的な文句で堂々の午後出社を決め込み、渋谷の某CDショップで2時間ほど至福のショッピング・タイムを満喫。そして選んだ一枚が、4月21日発売のCurly Giraffeの4thアルバム『Idiots』です。

Curly Giraffeとは、音楽ファンの間ではすでに紹介無用のベーシストにしてコンポーザー、高桑圭一さんのソロ・プロジェクト。『Idiots』はその4作目のオリジナル・アルバムなんですが、これがもぅ、カッコイイ! の一言に尽きます。

自身のバンドであるGREAT3やHONESTY、そして近年では木村カエラ、Rie fuなどの客演でも心踊る存在感を示しながらも、サウンド的に“出過ぎない”奥ゆかしい佇まいがまた高桑氏の音の好きなところなんですが、本作もまたしかり。

何かを予感させる映画のオープニングのようなM1「Roaring Forties」から、西海岸の昼下がりを思わせる爽やかな微熱を帯びた「123 4 U」、ムーディーにチルアウトするインスト「Lack Decision」、アコギと僅かなシンセで構成されたメロウ・チューン「Dunce Cap」など、どの楽曲にも音色にも厭味がなく実に心地よい。ウェットなリバーブやクリアトーンのギターの響きが、自宅のオーディオよりも鮮明に聴こえたことも、本作の心地よさを倍増させてくれたことは確かです。

最後に余談ですが、『Idiots』を買ったらショップ特典のステッカーをもらい、さらにくじ引きに参加してポスターをもらいました。ので、もらったポスターを会社の壁に貼ってEvidence MM01Aと記念撮影したのが上の一枚です。そしてもう一つ余談ですが、2時間のショッピング・タイムの際、店頭で目にして買いそびれていたことに気がついた、OGRE YOU ASSHOLE『フォグランプ』、岡村靖幸『Me-imi Premium Edition』、THEE MICHELLE GUN ELEPHANT『LAST HEAVEN'S BOOTLEG』と『THEE GREATEST HITS』も購入。こちらも近いうちに“いいオーディオセット”で聴いてみたいと思います。

◆Evidence MM01A詳細ページ
◆Diga Rhythm Band『Diga』CD情報

BARKSオーディオ
◆スピーカー:mhi(musical heart instruments)「Evidence MM01A」
◆プレーヤー:LUXMAN「D-N100」
◆アンプ:LUXMAN「SQ-N100」
◆スピーカーケーブル:SUPRA「CLASSIC 6.0」
◆RCAケーブル:SAEC「SL-2000」
この記事をツイート

この記事の関連情報