メガデス&スレイヤー、USツアーで各名盤を完全再現

ツイート
20年ぶりに復活となるメガデス&スレイヤーのダブル・ヘッドライナー・ツアーが、目前に迫ってきた。

「ツアーに戻れる事を切望していたし、こうなって最高の気分さ」──トム・アラヤ(スレイヤー)

「もし1990年にスレイヤーと行なわれたツアーを見逃していた奴がいたら、今回チャンスを得た事になる。もし今回見逃したら、もうメタル好きとは言えないな!」──デイヴ・ムステイン(メガデス)

1990年の<Clash of the Titans>ツアー以来となる、メガデス&スレイヤーのダブル・ヘッドライナー・ツアー<Canadian and American Carnage>が、6月11日にカナダ・ケベックからスタートしようとしているが、なんとこの両バンドから、それぞれメガデスが『Rust In Peace』を、スレイヤーが『Seasons in the Abyss』を完全再現するとアナウンスされた。

スペシャル・ゲストにテスタメントも出演するこのツアー、ただでさえ凄まじい盛り上がりをみせる事は間違いないところだが、そこに加えて、このメタル・フリークのツボを真正面から突く発表…、現場はメタラーの涙で大洪水だ。

同コンセプトでの来日公演は叶わないだろうか。
この記事をツイート

この記事の関連情報