DECO*27、「愛」を「哀」に昇華させてアルバム完成

twitterツイート
23歳。福岡出身で左利きのギタリスト。ちょっとシャイでイジられキャラだけど、実はかなりの努力家。そんな男の子が自ら作詞作曲した歌が、現在多くの同世代から熱烈な共感を得ていることをご存じだろうか?彼の名前はDECO*27(デコ・ニーナ)。

◆「モザイクロールfeat. GUMI」PV映像&DECO*27画像

動画共有サイトから飛び出したネット世代のクリエイター達が注目を集める中で、ネットで新作を発表し続けてきたDECO*27は、2010年4月にデビュー作『相愛性理論』をリリースしオリコンチャートにて上位ランク・インを記録した。リアルな男女の距離感、家族や恋人といった身近な存在への想い、そして自身が今まで大切にしてきたもの全てに向けた、純粋で素直なメッセージが多くのリスナーの共感を呼び、口コミにより広がっていったものだ。

その反応の大きさは、彼のtwitterのフォロワー数が2万5千人に及ぶ事実が端的に示している。ボーカロイド・ヴァージョンで発表している「弱虫モンブラン」は100万回再生、そして「モザイクロール」に至っては200万再生を超えそうな勢いを見せている。

そんなDECO*27のセカンド・アルバムが12月15日にリリースされる。『愛迷(あいまい)エレジー』と名付けられたこのアルバムでは、前作のコンセプトを更に推し進め、大切な存在を想うが故に傷つけてしまう切ない「愛」を「哀」に置き変え、「“愛”に迷って紡がれる“哀”しい歌」というテーマに沿って各楽曲がプロデュースされている。

前作同様、初音ミクや、GUMI(Megpoid)を調教しつつも、新たに生歌・生演奏も取り入れ、ボーカロイドと生ボーカルによる異なる楽曲を一つのアルバム中に違和感なく同居させている。理想のバンド像を追い求めながらも一人バンド状態で製作したデビュー作から一歩突き進み、本来目指していたリアルバンドの可能性を模索しながら、人間味の増した表情豊かな表現に踏み込んだのが『愛迷エレジー』ということになる。

ゲストには、Girls Dead Monsterで岩沢役のボーカルパートを担当するmarinaを迎えた他、前作『相愛性理論』において一曲だけの生ボーカル曲「愛 think so,」で起用した現役高校生のとぴを再び起用。更にイラストレーターとしても活躍するmirtoといった、個性豊かな女性ボーカリスト達が参加。また、一部の楽曲では、ギターに永友聖也(キャプテンストライダム、ARUYO)、ドラムに梶山剛(ex.スパルタローカルズ)といったプレイヤーも参加、バンドサウンドに華を添えている。

11月7日にはCOOL JAPANをテーマに秋葉原の4会場を丸ごとジャックして開催される都市型フェス<ヲタJAM>のメインステージとなるUDX特設ステージにおいて、バンド編成でのライブを初披露する。


『愛迷エレジー』
2010年12月15日リリース
XECJ-1011 3,000円(税込)
【初回生産限定】
・CD+DVDの2枚組デジパック仕様
・32P絵本型ブックレット
・三方背BOX付き
Disc1(CD)
1.entree
2.モザイクロール feat. marina
3.ショコラビーツ feat. 初音ミク(*)
4.トリノアイウタ feat. GUMI(*)
5.愛迷エレジー feat. marina
6.飴模様 feat. GUMI(*)
7.未来世 feat. とぴ
8.ベリーブルー (DECO*27 Vocal Mix)
9.弱虫モンブラン feat. marina
10.outree
11.愛言葉(sasakure.UK Sweets Remix) feat. mirto
12.弱虫モンブラン(ELECTROCUTICA White Remix) feat. GUMI(*)
13.モザイクロール(kous DR Remix) feat. 初音ミク(*)
14.むかしむかしのきょうのぼく feat. 初音ミク(*)
(*)VOCALOID楽曲
Disc2(DVD)
1.弱虫モンブラン feat. GUMI [Music Video]
2.モザイクロール feat. GUMI [Music Video]
3.トリノアイウタ feat. GUMI [Music Video]
4.愛迷エレジー feat. marina [Music Video]

◆DECO*27公式twitter
◆レーベル公式サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス