山本精一、『PLAYGROUND』に続き『PLAYGROUND acoustic+』リリース

ツイート
6年半振りの歌世界となったアルバム『PLAYGROUND』を2010年7月にリリースし、その孤高の存在感を改めて世に示した山本精一だが、その彼が『PLAYGROUND acoustic+』を2011年1月19日にリリースする。

『PLAYGROUND』が高い評価を受ける中で、『PLAYGROUND acoustic+』はその原型となるアコースティック・ヴァージョンの作品である。もともとはこちらが発売される予定だったというもので、完全なる弾き語りのアルバムとなっている。

「殆どが未発表の音源。PLAYGROUNDというアルバムは、当初は全曲アコースティックギターと唄のみで表現される予定でした。結果的にはドラム、ベースも加えたバンドサウンドでのリリースとなりましたが、より本来のイメージに近い本作も併せて聴いてみていただけると、面白いかなと思います。唄も演奏もとてもラフですが、敢えてあまり手を加えないでみました。また、PLAYGROUND収録の「二つの木のうた」「日蝕」「飛ぶひと」は、正規盤のバージョンがすでにアコースティックなアプローチであるために外して、代りにNOVO TONOの「夢の半周」、Phew&山本精一「幸福のすみか」から「まさおの夢」「鼻」山本精一「なぞなぞ」から「赤ん坊の眼(改)」ヴェルヴェッド・アンダーグラウンドの「Candy Says」を収録しています。ギター一本でのライブに大変近い雰囲気のアルバムになったと思います。」──山本精一

切々と坦々と、言葉を選びながら歌う異空間が堪能できる作品、お楽しみに。

『PLAYGROUND acoustic+』
2011年1月19日発売
PCD-4492 ¥1,980(税込)
1.鼻 (詞:Phew)(Phew&山本精一「幸福のすみか」より)
2.待ち合わせ
3.playground
4.眼ざめのバラッド
5.宝石の海
6.水
7.Days
8.Candy says (The Velved Under Ground)
9.まさおの夢(詞:Phew) (「幸福のすみか」より)
10.夢の半周(詞:Phew) (NOVO TONO 「パノラマ・パラダイス」より)
11.赤ん坊の眼 ( 山本精一「なぞなぞ」より)

『PLAYGROUND』
PCD-25117 ¥2625(税込)
1.Days
2.待ち合わせ
3.PLAYGROUND
4.飛ぶ人
5.宝石の海
6.めざめのバラッド
7.日蝕
8.水
9.ふたつの木のうた
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス