AKB48・秋元、梅田、増田、宮澤のDiVA、早くも新メンバーオーディションを発表

ツイート

AKB初となるダンス&ヴォーカルユニット・DiVAのお披露目会が4月20日、恵比寿のact squareにて開催された。ここでなんと、CDデビュー前にして早くもメンバーの増員、メンバーオーディション開催が発表された。

◆DiVA(秋元才加・梅田彩佳・増田有華・宮澤佐江)画像@<お披露目会>

4月17日に上海で開催された<神戸コレクション上海 2011>にて初パフォーマンスを行なった、秋元才加、梅田彩佳、増田有華、宮澤佐江からなるDiVAの4人。一方、デビュー前に日本でのお披露目やライヴパフォーマンスができていなかったことから、約150名の音楽業界関係者やマスコミを集めて開催されたのが、今回のお披露目イベントだった。

新生DiVA(そもそもDIVAは過去、AKB48の限定ユニットとして登場していた)結成を追ったドキュメント映像が流れる中、DiVAの4人はいささか緊張の面持ちでステージに登壇。

秋元:「DiVAなんですけど、視野をどんどん広げていって、行く行くはアジアを目指していけるグループになれればいいなと思っています。」

梅田:「DiVAは男性はもちろん、同性からも“かっこいいね”と好かれるようなユニットにしていきたいと思います。」

増田:「このユニットでは、大人っぽく、女っぽくいきたいと思いますので、AKBの中の“たこ焼きめっちゃ好きやねん”キャラは、今は封印しておいて、世界中に認めてもらえるような、いい意味でAKB48を引っ張っていけるようなユニットにしていきたいと思います。」

宮澤:「AKB48とは違った、女性のかっこよさをDiVAでは出せていければいいなと思います。」

メンバーは、それぞれDiVAとしての意気込みを語りつつ、深々と頭を下げる。そして挨拶が終わり、ダンス&ヴォーカルユニットとして5月18日リリースのデビューシングル「月の裏側」と「Fade out」を2曲続けてエネルギッシュにパフォーマンス。女性ダンサーを引き連れ、AKB48とは違う、女性のかっこよさを全面に押し出したダンスを繰り広げると、歌唱後に増田は「楽しかったです!」と、嬉しさを爆発させた。

そんなメンバーが涙を浮かべたのは、プロデューサー・秋元康からのお祝いコメントを司会者が朗読した時。

「宮澤の笑顔の下に、悔し涙の跡があることを知っています。増田が、自分の実力をなかなか評価されないことに不安と苛立ちがあったことを知っています。秋元が、もう逃げ出してしまいたいくらい、精神的に追い込まれていたことを知っています。梅田が足の怪我で休養中、もう、居場所がなくなってしまうんではないかと悩んでいたことを知っています。」 ── 秋元康(DiVAへのお祝いコメントより)

DiVAの4人は、これまで決して順風満帆な活動だったわけではない、という事実と、それでも4人は決してあきらめずに夢に向かって歩き続けた、という事実。そして、この2つの事実があったからこそ、DiVAというユニットが生まれた。この瞬間、ステージに立つ4人には、これまでの様々な出来事や想いが去来していたことだろう。

さらに秋元康は、DiVAの“i”についても言及。「“歌姫”のユニットと名乗るのは、まだ早い。CDデビューをゴールにしてほしくない。」「もっと、もっと、努力して、ナンバーワン、オンリーワンのヴォーカル&ダンスユニットになってほしい」という親心から、“DIVA”の形に完成してない、小文字の“i”の“DiVA”と名付けたのだという。

そして、最後に驚くべき発表が。「これから、オーディションを繰り返し、メンバーを増やそうと思います。イメージとしては、10人くらいのユニットです。」「お互いに切磋琢磨して。DiVAを完成させてください。誰もが認めるヴォーカル&ダンスユニットになった時、小文字の“i”を大文字の“I”にしたいと思います。」という秋元康の発表は、メンバーにとっても初めて聞かされる内容。2011年夏から“DIVA”オーディションは開催される。

メンバー4人は「刺激しあって切磋琢磨、成長していきたい」と前向きなコメントをしつつ、宮澤佐江は、完成形の“DIVA”へ向けたオーディションの開催に、思わず両手を挙げてテンションを爆発させていた。

「今日ここに立つまで、嬉しいこともありましたし、嫌なこともありました。本当にたくさんの感情を抱いてここに立ちました。これからも、いろんな想いを抱きながらDiVAの活動をしていくと思いますが、絶対、楽しいとか嬉しいっていう気持ちのほうが、苦しいことがたくさんあっても勝つと思います。これから、その気持ちを忘れずに、日々頑張っていこうと思います。見守り続けてください。」── 梅田彩佳(DiVA)

◆囲み取材でのDiVAコメント、AKB48ほかのメンバーからのコメント
◆DiVA オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報