コールドプレイ、ライヴでAMY WINEHOUSEの曲をカバー

twitterツイート

8/3(水)、ロサンゼルスのUCLAキャンパスにあるLOS ANGELES TENNIS CENTERで行われた90分のソールドアウト・ライヴで、COLDPLAYが先ごろ亡くなったAMY WINEHOUSEへのトリビュートとして「REHAB」をスローなヴァージョンでカバーした。

アンコールの時に実現したこのカバーは、その直後にパフォーマンスされた彼らの楽曲「FIX YOU」とのメドレー形式で披露された。この「FIX YOU」は、バンドのリーダーCHRIS MARINが妻のGWYNETH PALTROWが父を失った時に彼女を想って書き下ろした楽曲だ。

この晩のライヴは、GRAMMY FOUNDATIONの“GRAMMY IN THE SCHOOL MUSIC EDUCATION PROGRAM”の募金活動のためと、TVの人気トーク・ショー『JIMMY KIMMEL LIVE!』のために新曲2曲を披露するためという2つの目的で開催された。またライヴは、複数の都市で展開されている“SUMMER KRUSH”シリーズの一環として、SAMSUNGとAT&Tが提供した。

ライヴでは、「YELLOW」、「CLOCKS」、「VIVA LA VIDA」を始めとする既存の全18曲に加え、次のスタジオ・アルバムに収録される新曲「MAJOR MINUS」、「MOVING TO MARS」、「EVERY TEARDROP IS A WATERFALL」など5曲がパフォーマンスされた。

COLDPLAYは、このあと8/5(金)にシカゴのグラント・パークで開催されるLOLLAPALOOZAでヘッドライナーを務めるほか、9/16のAUSTIN CITY LIMITS、9/24のアトランタでのMIDTOWN MUSICなど、複数のフェスへの参加が決まっている。

◆ニュース提供:ビルボード
◆BARKSビルボード・デイリーニュース・チャンネル
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス