ブラック・アイド・ピーズ、マイケル・ジャクソン追悼公演の出演を取りやめ

twitterツイート
開催が今週末(10月8日)と迫る中、ブラック・アイド・ピーズのマイケル・ジャクソン追悼コンサートへの出演がキャンセルされた。ブラック・アイド・ピーズの出演は10日ほど前に発表されたばかりだった。

主催者は、明確な理由は提示せず「やむをえない事情により、ブラック・アイド・ピーズが今週土曜日の<Michael Forever>イベントでパフォーマンスできなくなりました」「しかしながら、我々はほかの偉大なアーティスト達との素晴らしい夜を楽しみにしています」と話している。

<Michael Forever Tribute Concert>は10月8日にカーディフのミレニアム・スタジアムで開催。ジェイミー・フォックスが司会を務め、クリスティーナ・アギレラ、ラトーヤ・ジャクソン、NE-YO、シーロー・グリーン、レオナ・ルイス、スモーキー・ロビンソン、クレイグ・デイヴィッド、ピクシー・ロット、JLS、ビヨンセ(衛星中継)らがパフォーマンスする。

同コンサートの開催に対しては、母キャサリンや姉ラトーヤらは賛同しているものの、兄ランディやジャーメインは主治医だったコンラッド・マーレー医師の公判中に相応しくないと反対意見を述べていた。ジャネット・ジャクソンも裁判中であることを理由に出演しない。

Ako Suzuki, London

◆BARKS洋楽チャンネル
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報