マイケル・ジャクソン公判が14日目、マイケル自身による致死量の麻酔薬投与の可能性を麻薬専門医が否定

ツイート
20日の公判で、マイケル・ジャクソンが自ら薬を服用して死亡したと考えることは「極めて考えたがたい」と麻酔専門医が証言した。検視局はマイケルの死因をプロポフォールの過剰摂取もよるものと断定しているが、同時に安定剤であるロラゼパムも体内から検出されたとしている。

麻酔専門医のスティーヴン・シェイファー医師は、過失致死罪に問われているコンラッド・マーレー被告が供述するようにプロポフォールを口から摂取した場合、かなりの量が血流に入り込むことはないとしており、被告が現場を離れたという2分間の間にマイケルが自分で注射器を使って投与するには十分な時間がなかったと証言した。「自身で直接投与するという可能性は極めて考えがたいです」

更にシェイファー医師は陪審員に対し、プロポフォールの注射器での注入は複雑な過程を要するものであると図解を用いて説明すると共に、マイケルは一晩中に渡って投与された様々な薬品の影響下にあり意識がもうろうとしていたと思われるため、自ら同薬を摂取したという弁護側の主張は有り得ないと説明した。「彼が睡眠状態にあったのなら、自身で注入をすることはできません」「麻酔の影響下にある人が起き上がって、注射器を手に取り、点滴に注入するようなことはしません。突拍子もない筋書きです」

シェイファー医師は、マーレー被告が警察で供述した以上の量のプロポフォールを投与した可能性の方が有り得るとした上で、弁護側によって執り行われた検査では、マイケルが死亡する前4時間以内にロラゼパムを服用した証拠は見られなかったと説明した。

BANG Japan

◆BARKS洋楽チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報