【BARKS編集部レビュー】AKG K550はハイブリッドの記念すべき第一歩なのか?

twitterツイート

澱みのないきれいなトーン。透き通った音の隙間。羽のように軽い和声。K3003といいこのK550といい、AKGはステキすぎる。オーストリアって空気がきれいなんだろうなぁ(妄想中)。ウイーン少年少女合唱団だもんなぁ(視点ズレ)。K550のサウンドは岩清水のせせらぎのように清らかで、フラッグシップ機Q701から脈々と受け継がれるAKGクオリティをしっかりと受け継いだサウンドでもある。これで音楽を聴いていると心の汚れも浄化されるかのようだ。

◆AKG K550画像

既にご存じのようにK550の最大の注目ポイントは、「密閉式であるにもかかわらず、まるで開放型のようなサウンド」であるところ。閉塞感が非常に少なく、音の広がりや抜け具合とその清らかなトーンが密閉式のそれとは全く異質だ。

「これがAKGクオリティなのだ」と言えばそれで終了だし、「まるで開放型のようなサウンドの密閉型ヘッドホンです」が正解なのだけれど、単なる事実の再確認をしたところでもはや何の意味もなく、「それは凄いですね、変わってますね」と言うだけでは、伝えるべき中身が何もない。レビューって難しいなとつくづく思いながら、日々使い続けている中でやっとわかったのは、「やっぱりK550は“密閉型じゃない”んだな」ということだった。

密閉型という前提で捉えるから釈然としない思いが募るようで、このK550の立ち位置は“遮音性を追求した開放型ヘッドホン”なのだと捉えると全てが合点がいく。

もちろん開発コンセプトにそんなキーワードがあったわけでもないだろうが、やはりAKGの心地よい伸びと抜けの良いトーンは、ブランドの個性として脈々と息づいており、この音作りこそAKGのアイデンティティでもあろう。開放型らしいAKGサウンドはそのままに、音漏れを防ぎ遮音するには、どのように開いた穴を防ぎ、発生する閉塞感をどうすれば回避できるか、という開発経路を辿っているような気がする。

だからこそ、「ベンチレーション・システム」と名付けられた空気の流れを調整するポートを装備したり、バスレフの役割を持つバス・ポートを装備した内部ハウジングを別途用意したりして、遮蔽することで失われがちな空気の開放感を取り戻すような構造が組み込まれ、それが構造上の特徴となっているわけだ。この設計は「遮音できる開放型を作る」目的があるから誕生するわけで、「密閉型を作ろう」というベタなコンセプトであれば、この構造に辿りつく理由がない。

今時の表現でいうなれば「開放型と密閉型のハイブリッド」とでもいうところか。カナル型ヘッドホンの世界ではダイナミックとバランスドアーマチュアのドライバーを組み合わせることによる、更なる高品質なサウンドの追及が始まっているが、オーバーヘッド・ヘッドホンが乗り越えるべき課題のひとつには、「開放型の持つ素直で広がりのあるサウンドをそのままに、いかに遮音と音漏れ問題を解決するか」という二律背反の克服があるだろう。そういう意味では、K550は「開放型と密閉型のハイブリッド」コンセプトの記念すべき第一歩なのかもしれない。そう、K3003がカナル型ヘッドホンの新世界を切り開いたかのように。「開放型だから外音問題は仕方ない」なんて、これからは通用しない時代に突入するのだ。がっはっは。

なお、K550はちょっと試聴した時に受ける第一印象と、長く使い続けた後の印象は随分変わってくるタイプだった。低域が弱いと評価されているが、最終的には意外にしっかりした量感の低域も確認できる。全帯域において非常にすっきりと整然としており、他の音が各楽器の倍音をマスクしたり抜けを悪くしたりすることがないので、中高域まで広い倍音を持つフロアタムなどは、本来の楽器としてのトーンがおしなべて生々しく耳に届く。胴鳴りの質感まで伝わってくるそのリアルさが際立ているので、ボトムを支える低域の深い鳴りも十二分に伝わってくるように聞こえるのだと思う。

これは、分離のいい倍音成分が低域の楽器の存在感を引きたててくれる感覚で、あわせて元来(楽器が放つ生音)の帯域バランスのまま耳に届いていることを実感させてくれる説得力がある。ハウジング外装に記された「Reference Headphones」の文字は、この性格を端的に言いあらわしたものだ。

側圧も緩くふわふわのパッドも心地よく、使い心地は上々。当然個人差もあるだろうけど、私の場合は頭頂部へのストレスも全くなく、長時間使用でもほとんど疲れを感じない。低域をドカンと出すDJ/クラブ系モデルや、SHUREやSONYなどのスタジオリファレンス系とも完全に使い分けのできるサウンドなので、是非機会あれば触れてみていただきたい。

そして何よりデザインがカッコいいし。で、やっぱりこんなクールな工業デザインのヘッドホンをする女の子がいたら萌えるなあ。

text by BARKS編集長 烏丸

●AKG K550
密閉型リファレンスクラスヘッドホン
2011年12月上旬発売
・価格:オープン(実勢売価 税込2万9000円前後)
・タイプ:密閉型
・カラー:ブラック
・周波数特性:12Hz~28kHz
・感度:94dB/mW
・インピーダンス:32Ω
・入力プラグ:φ3.5mm / φ6.3mm
・ケーブル長:3m
・重量:305g(ケーブル含まず)
◆AKGオフィシャルサイト

BARKS編集長 烏丸レビュー
◆SENNHEISER IE80 & IE60(2011-12-16)
◆DUNU(2011-12-14)
◆カナルワークスCW-L10(2011-12-12)
◆オーディオテクニカ ATH-CK90PROMK2(2011-12-09)
◆Ultimate Ears UE 5 Pro(2011-12-06)
◆REALM IEM856(2011-12-02)
◆ファイナルオーディオデザインAdagio III(2011-11-26)
◆Ultimate Ears用交換ケーブルFiiO RC-UE1&オヤイデ電気HPC-UE(2011-11-25)
◆Reloop RHP-20(2011-11-22)
◆オーディオテクニカ ATH-CK100PRO(2011-11-14)
◆SOUL by Ludacris SL99(2011-11-04)
◆Fischer Audio Ceramique(2011-10-25)
◆SHURE SE535 Special Edition(2011-10-21)
◆JVCケンウッドHA-FX40(2011-10-16)
◆BauXar EarPhone M(2011-10-10)
◆SONOCORE COA-803(2011-10-02)
◆TripleFi 10 ROOTHリモールド(2011-09-25)
◆AKG K3003(2011-09-18)
◆Atomic Floyd SuperDarts+Remote(2011-09-11)
◆Bowers & Wilkins C5(2011-09-06)
◆Westone3(2011-09-02)
◆カナルワークスCW-L31(2011-08-26)
◆ORB JADE to go(2011-08-22)
◆YAMAHA EPH-100(2011-08-14)
◆NW-STUDIO(2011-08-09)
◆NW-STUDIO PRO(2011-08-02)
◆FitEar MH334(2011-07-29)
◆ROOTH SE530×8(2011-07-26)
◆Westone ES5(2011-07-21)
◆SHURE SRH940(2011-07-17)
◆Ultimate Ears 18 Pro(2011-07-15)
◆クリエイティブAurvana In-Ear3(2011-07-06)
◆カナルワークス CW-L01(2011-07-01)
◆GRADO GR10&GR8(2011-06-25)
◆SAEC(サエク)SHURE SE用ケーブル(2011-06-21)
◆フィアトンPS 20&PS 210(2011-06-17)
◆ZERO AUDIO ZH-BX500&ZH-BX300(2011-06-11)
◆フィリップスSHE8000&SHE9000(2011-06-03)
◆アトミック フロイド(2011-05-26)
◆モンスター・マイルス・デイビス・トリビュート(2011-05-20)
◆SHURE SE215(2011-05-13)
◆ファイナルオーディオデザインPiano Forte IX(2011-05-06)
◆ラディウス・ドブルベ/ドブルベ・ヌメロドゥ(2011-05-01)
◆ローランドRH-PM5(2011-04-23)
◆フィリップスSHE9900(2011-04-15)
◆JAYS q-JAYS(2011-04-08)
◆フォステクスHP-P1(2011-03-29)
◆Klipsch Image X10/X5(2011-03-23)
◆ファイナルオーディオデザインheaven(2011-03-11)
◆Ultimate Ears TripleFi 10(2011-03-04)
◆Westone4(2011-02-24)
◆Etymotic Research ER-4S(2011-02-17)
◆KOTORI 101(2011-02-04)
◆ゼンハイザーIE8(2011-01-31)
◆ソニーMDR-EX1000(2011-01-17)
◆SHURE SE535(2011-01-13)
◆ビクターHA-FXC51(2011-01-12)
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon