Mr.Children、3年半ぶりのニューシングルが堂々首位獲得、20周年記念イヤーに花を添える

twitterツイート

今年デビュー20周年の記念イヤーとなるMr.ChildrenのトリプルA面シングル「祈り~涙の軌道 / End of the day / pieces」が4月18日にリリースとなりセールスチャートで堂々の首位を獲得、1曲目収録の「祈り~涙の軌道」が今週のJAPAN HOT 100を制した。

同曲は、大ヒット中の映画『僕等がいた』前篇の主題歌として3月の劇場公開を前にオンエア解禁され、エアプレイチャートの上位に食い込むなど早くから話題となっていたナンバー。解禁から約1ヶ月遅れの今回のシングルリリースを経て、待望の首位に輝いた。なお、シングル発売をもってフル解禁となった同映画後篇主題歌「pieces」は、20周年を迎えるミスチルが彼らの“原点”に立ち戻った作品として新たな名曲であるとの呼び声も高く、映画のヒットと相まってさらなるビッグヒット・ナンバーへと成長する可能性も大いに秘めている。5月10日には2001年以降のヒットナンバーを収録したベストアルバム2枚を発売予定。

デビューから20年、色褪せることなく輝き続ける珠玉の名曲の数々を改めて堪能したい。

◆ニュース提供:ビルボード
◆BARKSビルボード・デイリーニュース・チャンネル
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報