カワイから新音源・新鍵盤搭載のデジタルピアノ「CA95」「CA65」発売、目指したのはグランドピアノスペック

twitterツイート
河合楽器製作所は、カワイデジタルピアノのトップブランドであるConcert Artistシリーズの「CA95」「CA65」2機種を、9月1日より発売する。

Concert Artistシリーズは、その名のとおりアーティストが使用するコンサートグランドピアノを目標として開発したカワイデジタルピアノ。今回のリニューアルに際し、新型木製鍵盤や新音源システム、新ペダルアクション機構、DSPテクノロジーによる共鳴音効果、17項目にもおよぶピアノ調整機能、さらに磨きをかけた上質な外観デザインなど、カワイが目指す“Grand Piano Specs(グランドピアノ仕様)” をよりいっそう推し進めることにより、また一歩グランドピアノとの距離が縮まっている。

まず注目は、革新的な新木製鍵盤機構「グランド・フィール・アクション」の搭載。鍵盤そのものの長さを延長し、支点位置を従来よりも奥に移動する大胆な設計を取り入れている。グランドピアノに匹敵する支点距離を実現したことで、グランドピアノ同様、鍵盤の奥側を弾いた時でも十分なストロークを確保、鍵盤先端部を弾いた時とのタッチ感の差が少なく、演奏者の意図した音を高い次元で再現する。さらに、鍵盤の動作や打鍵の強弱を検出するために、3つのセンサーを搭載。従来よりも鍵盤動作を高精度に検出できるため、連打やトリル、レガートなどの奏法における発音性能、演奏性が飛躍的に向上している。「CA65」においても、「CA63」にはなかった「レットオフフィール」を搭載したことにより、コントロール性が向上し、より質の高い演奏や練習が可能になっている。

音源は、表現力を格段に進化させた新音源「HI-XL 音源」を搭載する。グランドピアノは音質だけでなく、演奏方法の違いにより変化する音の余韻、複雑で豊かな響きをもつ共鳴音、などさまざまな特長がある。「CA95」「CA65」は、グランドピアノ特有の時間とともに変化していく音色を忠実に再現することや、指を離すスピードによるリリース音の変化など、新開発の音源によりグランドピアノのさまざまな特長を実現。また、グランドピアノの大きな特長である、ダンパーペダルを踏んで演奏した時の豊かで拡がりある音の響きを、モデリング技術により新開発した「ダンパーレゾナンス」により実現している。好みにより、効果の大きさを選ぶことも可能だ。

新音源は、最大同時発音数256音という電子ピアノ最高クラスの性能を備え、ダンパーペダルを多用する演奏や、素早い連打といった、発音数を大量に使用する奏法でも音切れを気遣うことなく存分に演奏を楽しむことができる。ピアノ音色は、クラシック以外にも、ジャズやポップスなど幅広いジャンルで使用できるバラエティ豊かな音色を内蔵。また、ピアノ以外にもオルガンやストリングアンサンブルなど、全80音色(CA95の場合、CA65は60音色)を搭載している。

「CA95」に搭載している、響板スピーカーもリニューアル。音量と再生レンジの拡大を実現、ピアノらしい自然な深みと迫力ある響きを生み出す。上方に向けた4つの中音域用スピーカーと前方に向けた2つの高音域用スピーカーを組み合わせることで、奏者が包み込まれるような音の放射を実現している。

ピアノ演奏に欠かすことができないペダル(ダンパー、ソフト、ソステヌート)には、新開発の“グランド・フィール・ペダル・システム”が採用された。「CA95」「CA65」は、3本すべてのペダルにおいてグランドピアノの踏み込みの重さを解析、デジタルピアノとして最高レベルのペダル操作感覚を実現。ダンパーペダルは音の伸びを加減できるハーフペダルにも対応。コンサートチューナー機能によりペダルの詳細設定も可能となり、どこまでもグランドピアノに近い演奏感覚を生み出す。

好みのピアノを創ることができる“コンサートチューナー機能”も特徴の1つ。ピアノ調律は音のピッチを合わせるだけでなく“音づくり”も大きな目的となる。「CA95」「CA65」では、ハンマーフェルト調整により硬い音や柔らかい音に調整する“ボイシング”や、倍音共鳴を再現する“ストリングレゾナンス”をはじめとする17のピアノ調整項目を搭載。また、ハーフペダルポイントやソフトペダルデプスといったペダル調整機能も搭載、好みのピアノに仕上げることができるようになっている。

外観デザインは、ピアノらしさにこだわったもの。まるでアップライトピアノのような継ぎ目のない側板構造や、腕木下部の優美な支柱をはじめ、鍵盤奥の鍵押さえ中央部には高級感あふれる金属調エンブレムを配置。大型の操作パネルを廃して見た目をスッキリさせただけでなく、グランドピアノのように前面を垂直に立たせることで、まるでグランドピアノの前に座っているかのような、よりピアノらしい外観デザインを実現。左端に配置した操作パネルは128×64ドットの大型ディスプレイを搭載、操作性を格段に向上している。また、スタンダードデジタルピアノ初、角度調整機能付き譜面台を採用。グランドピアノ同様、角度調節機能を加えることで楽譜の見やすさを追求している。

オーディオ形式での録音・再生をはじめとした多彩なUSB機能も最新モデルならでは。USBメモリーにWAV形式やMP3形式で演奏を録音できるオーディオ録音・再生機能を搭載。演奏情報だけを記録したMIDIデータではなく「音」そのものを記録するオーディオ録音再生機能なので、録音したデータをパソコンに移して聴いたり、パソコンから携帯型ミュージックプレイヤーに移して聴いたり、電子メールで送信して仲間と共有することも可能。オーバーダビング機能も搭載しているので、録音した演奏を再生しながら、さらに演奏を重ねて録音できるのもポイントだ。また、「CA95」では、ラインイン端子から入力される音も録音することが可能だ。また、USBメモリーに入ったお気に入りの楽曲の曲名やアーティスト名を表示させて再生できるので「CA95」「CA65」をオーディオコンポのように使うこともできる。

そして、いずれのモデルも環境にも配慮した省電力型デジタルピアノとなっている。「CA95」では、デジタルアンプの採用など、システム全体を見直すことにより約50%(「CA65」は約45%:いずれも同社従来機種比)の省電力化を実現。オートパワーオフ機能も搭載、省エネを実現した環境に優しいデジタルピアノとなっている。

<CA95 おもな仕様>
外装:プレミアムブラックサテン調/ プレミアムチェリー調
鍵盤:88鍵、木製鍵盤 グランドフィールアクション アイボリータッチ(象牙調仕上げ) レットオフフィール
音源:88鍵ステレオサンプリング/HI-XL音源
スピーカー:7cm×4(トップスピーカー)、1.4cm×2(ドームツィーター)、響板スピーカー
最大同時発音数:256音
音色数:80音色
ディスプレイ:128×64ドット 液晶ディスプレイ(LCD)
全内蔵曲:500曲
記憶音数:2パート×10ソング、約90,000音
外部メディア:USBメモリ・USB FDD
出力:135W (45W×3)
サイズ(cm):W146.5×D47.5×H93.0 ※セットアップ時、譜面台を倒した状態
重量:87kg
おもな同梱品:木製高低自在椅子、ヘッドホン、電源コード、取扱説明書/各種ご案内、クラシカルピアノコレクション(楽譜集)

<CA65 おもな仕様>
外装:プレミアムローズウッド調/ プレミアムチェリー調
鍵盤:88鍵、木製鍵盤 グランドフィールアクション アイボリータッチ(象牙調仕上げ) レットオフフィール
音源:88鍵ステレオサンプリング/HI-XL音源
スピーカー:13cm×2(フルレンジ)、5cm×2(ツィーター)
最大同時発音数:256音
音色数:60音色
ディスプレイ:128×64 ドット 液晶ディスプレイ(LCD)
全内蔵曲:497曲
記憶音数:2パート×10 ソング、約90,000音
外部メディア:USBメモリ・USB FDD
出力:100W (50W×2)
サイズ(cm):W144.0× D47.0×H90.5 ※セットアップ時、譜面台を倒した状態
重量:73kg
おもな同梱品:木製高低自在椅子、ヘッドホン、電源コード、取扱説明書/各種ご案内、クラシカルピアノコレクション(楽譜集)

◆カワイデジタルピアノCA95
仕上げ:プレミアムブラックサテン調、プレミアムチェリー調
価格:357,000円
◆カワイデジタルピアノCA65
仕上げ:プレミアムローズウッド調、プレミアムチェリー調
価格:273,000円
発売日:2012年9月1日

◆CA95 製品詳細ページ
◆CA65 製品詳細ページ
◆プレスリリース
◆河合楽器製作所
◆BARKS 楽器チャンネル
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報