Synthogyからピアノ音源「Ivory II American Concert D」登場、既存の「Ivory II」シリーズは値下げ

ツイート
メディア・インテグレーションは、Synthogy社のピアノ音源「Ivory II American Concert D」を発売した。また、既発の「Ivory II」シリーズ製品の価格改定を実施した。

「Ivory II American Concert D」は、1951年製の“New York” Steinway Model Dのサウンドを収録したピアノ音源。

1951年製の“New York” Steinway Model Dは、Steinway & Sonsがコンサート向けのプロモーションのために厳選した貴重なピアノで、世界中の偉大なアーティスト達によって繰り返し演奏され、数多くの名盤のレコーディングにも使われてきた。半世紀以上にわたり、選りすぐりの技術職人によって丁寧にメンテナンスされてきた、至高のグランドピアノ。熟成された響きのなかに、若々しい透明感が感じられる、このクラスの楽器だけが持つ音色を堪能できるのが、「Ivory II American Concert D」というわけだ。

Ivory IIシリーズの中でも一台のピアノを収録したものとしては最大の容量、49GBものライブラリーを収録。このAmerican Steinwayは、自然な長いサスティンが特徴で、最後の減衰音まですべて収録している。中には、2分以上も鳴り続ける音もあるほど。このような長いサンプルを20段階以上のベロシティ・レベルで収録し、ソフトペダルを踏んでいる時の音、ペダルを離した瞬間の音の変化も、これまでのIvory IIよりもさらに多くサンプリングされている。その他おもな使用は以下のとおり。

・Steinway & Sonsがコンサート向けのプロモーションのために厳選した、1951年製の“New York” Steinway Model Dをコンサート・ホールで丁寧に収録。
・数々の栄誉ある賞に輝いてきたIvory IIピアノ・エンジンを採用、64bitネイティブ対応。
・49GBのコア・ライブラリ
・最大20段階のヴェロシティ・レイヤー
・ハーフペダル表現にも対応。
・ペダル・ノイズ、ソフトペダル使用時のサンプルを収録。
・ベロシティーとデュレーションによってトリガーされるリリースのサンプル
・ネイティブ64bit対応、ProTools 10の最新プラグイン・フォーマット、AAX Nativeにも対応
・ティンバー・シフティング、パラメトリックEQ、シンセ・レイヤーにより、生ピアノを超えた大胆なサウンド・デザインにも対応。
・ホール/部屋をモデリングしたリバーブの他、コーラスエフェクトも装備。
・基本的なピアノ音色プログラム、調律/音像/ベロシティ設定を含んだセッション、エフェクト設定、お使いのキーボードに合わせたベロシティ設定など、様々な単位で保存/管理可能なユーザープリセット。
・プログラム設定とエフェクトのプリセットを追加。

●既発のIvory IIシリーズは価格改定

「Ivory II American Concert D」の発売に伴い、メディア・インテグレーションでは、Ivory IIシリーズ全製品の価格を見直し、すでに発売済みの製品について9月15日より価格改定を実施している。新価格は以下のとおり。

・Ivory II Grand Piano 新定価 29,800円(旧定価 43,890円)
・Ivory II Italian Grand 新定価 16,800円(旧定価 22,890円)
・Ivory II Upright Pianos 新定価 26,800円(旧定価 37,590円)

◆Ivory II American Concert D
価格:18,900円
発売日:2012年9月15日

◆Ivory II American Concert D 製品詳細ページ
◆Synthogy社製品 ラインナップページ
◆メディア・インテグレーション
◆BARKS 楽器チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報