ジョーン・ジェット、動物愛護団体PETAの新キャンペーンに出演

ツイート
ジョーン・ジェットが、国際動物愛護団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)」の新キャンペーン広告を初披露した。11月4日(日)、米フロリダ州フォートローダーデールにて行われた新広告ローンチ・イベントで、全身黒ずくめにコンバースのスニーカーを履いて登場したジョーンは、PETAの創設者の名前が冠された「ナンシー・アレクサンダー・アクティビスト・アワード」も受賞している。

◆ジョーン・ジェット画像

PETA UKを立ち上げたイングリット・E.・ニューカーク氏は「ジョーンは動物愛護の重要性を啓発する機会を逃しません。そんな彼女は私の知る中でも、最も献身的な活動家の1人と言えるでしょう」「人々はジョーンのようなスターが語る時には耳を傾けるものです。数え切れない程多くのファンを持つ彼女の影響力は計り知れませんね」とジョーンの活動姿勢を高く評価している。

また、イギー・ポップが同賞をジョーンに手渡しており、今回の新キャンペーンに出演も果たしているという。ベジタリアン・レストラン「サブライム」にて行われたイベントでお披露目された今回の新キャンペーン広告は、PETAの「アイ・アム・ア・ベジタリアン」キャンペーン・シリーズの一環で、以前にはポール・マッカートニーやパメラ・アンダーソンらも参加している。

そんな今回の広告スローガンは「ベジタリアンの食事をすれば動物の命を救って、環境破壊を食い止めることができます。自分の健康のためにも」と掲げられている。
この記事をツイート

この記事の関連情報