エミネム、新曲で無名アーティストをサンプリング起用

twitterツイート
エミネムが新曲でイギリス人無名アーティスト、ジェイミーン・コモンズのボーカルをサンプリングしたようだ。イギリスでもまだ名が知られていないジェイミーンだが、その歌声の一部を自身のニュー・シングルにサンプリングしており、2013年夏にも大々的にリリースする予定だという。

◆エミネム画像

ある関係者は英ザ・サン紙に「エミネムの新曲ではジェイミーンの曲のうちひとつのサビを入れているようで、エミネムがそれにラップを加えています」「それにエミネムはイギリスで8月に行われる<レディング&リーズ・フェスティバル>でヘッドライナーを務めることになっていて、その時にもその新曲を大々的に披露するはずです」「音楽業界ではすでに結構ジェイミーンの実力は噂されていますが、エミネムが彼の力量を認めたことは大きいでしょうね」と明かしている。

エミネムは過去にも、ダイドの曲「サンキュー」を2001年にリリースした自身の「スタン」にサンプリングするなど、新進気鋭の無名アーティストの発掘に力を入れており、結果的にダイドもその後リリースしたデビュー・アルバム『ノー・エンジェル』が1600万枚以上の売り上げを記録するなど大成功を収めている。

一方のジェイミーンは、エミネムの新作アルバムを手掛けているプロデューサーのアレックス・ダ・キッド率いるレコード・レーベルとすでに契約を結んでおり、ヒットを記録した『ラブ・ザ・ウェイ・ユー・ライ』ではリアーナとコラボするなど、その才能は実証済みだ。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報