レコ大新人賞受賞、ティーナ・カリーナ「あんた」がドラマ主題歌に

ツイート

「第54回 日本レコード大賞」新人賞を獲得したティーナ・カリーナの「あんた」が、3月25日(月)、26日(火)、27日(水)に放送される読売テレビ開局55年記念ドラマ『泣いたらアカンで通天閣』主題歌に抜擢された。

「あんた」は、“あんたがおれへんから~”と募る想いを関西弁で綴った歌詞が印象的なラブソング。

この曲を歌うティーナ・カリーナは、元・阪急百貨店うめだ本店のデパ地下販売員という異色の経歴も話題となり、地元関西弁の歌詞で綴った「あんた」は、youtubeの再生回数280万回を突破し、売上も昨今では珍しいロングヒットを記録している。9月のデビューからたったの3カ月にして、昨年(2012年)末には阪急百貨店での凱旋フリーライブには2000人を超える人が駆けつけ、第54回日本レコード大賞・新人賞を受賞するなど、2013年ブレイクが最も期待されるアーティストの一人といえる。

そんなティーナ・カリーナが歌う話題の関西弁恋唄「あんた」が、読売テレビ開局55周年記念ドラマ『泣いたらアカンで通天閣』(主演:大杉漣・木南晴夏)の主題歌に大抜擢を受けた。

このドラマは同名の小説が原作の、しっかり者の娘と人情にもろい父の不器用でまっすぐな親子愛と、そんな二人を取り巻くおせっかいな下町の人々のとびきりの人情を描く、笑って泣けるドラマ。同局の開局55周年を記念して企画され、関西限定で3月25日から3月27日まで、3夜連続で放送される。

自身初のドラマ主題歌への起用に、ティーナ・カリーナは次のコメントを発表している。「私が生まれ育った大好きな街「大阪」を舞台にした素晴らしい作品に「あんた」を使っていただける事になり、嬉しい気持ちでいっぱいです。原作を読ませていただいた時、登場人物一人一人の不器用ながらも愛に溢れたキャラクターが愛しくて「そうそう、これが大阪やねん!」とあったかい気持ちになりました。今回主題歌に選んでいただいた「あんた」も、大切な人を思う気持ちを込めて作ったラブソングです。作品を通してこの思いが沢山の方に届く事を願っています! 素晴らしいキャストの皆さんに混ざって私もちょこっと出演させていただいたので、見つけてくださいね!」

また、ドラマプロデューサーである読売テレビの福田浩之氏は、「はじめて「あんた」を聴いたのは、このドラマの企画を考えている時でした。その時は、まだイメージが固まっていなかった主人公の人間像を、「あんた」は「このドラマの為に、書き下ろしてくれたんじゃないか!?」という位あまりにも見事に代弁してくれていて、運命的のモノを感じ、すぐに主題歌に決めました」と起用の経緯を話している。

ティーナ・カリーナはこの後、応募招待制のフリーライブを3月14日(木)阪急百貨店 うめだ本店 9F阪急うめだホールで行なう。応募の詳細は、特設ページ(http://www.tiinakariina.net/kizuna/)にて確認を。

<ティーナ・カリーナ フルプレミアムフリーライブ~KIZUNA~>(応募招待制無料ライブ)
初となるバンド編成による無料ホールライブ開催決定!!!
現在、応募受付中!応募に関する詳細は、特設ページへをご確認ください。
・特設ホームページ http://www.tiinakariina.net/kizuna/
・公演日 2013年3月14日(木)
・時間 18:00 OPEN/18:30~START
・会場 阪急百貨店 うめだ本店 9F阪急うめだホール
・入場料 無料・応募招待制

読売テレビ開局55年記念ドラマ『泣いたらアカンで通天閣』
2013年3月25日(月)、26日(火)、27日(水)
深夜0時28分~1時23分(55分枠)の三夜連続放送<関西ローカル>
・番組Facebook https://www.facebook.com/ytv.tsutenkaku
・番組HP http://www.ytv.co.jp/tsutenkaku/

デビューミニアルバム
『ティーナ・カリーナ』
2012年9月12日発売
ESCL-3957 ¥1500(tax in)
1. 輝いて(POLA企業CMテーマソング)
2. 帰り道
3. あんた(tvk「sakusaku」9月度エンディングテーマ、MBS他「DRESS」9月エンディング)
4. みつけて
5. 始まりの朝に
6. Power of Love
7. むすんで ひらいて

◆ティーナ・カリーナ オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報