アデル、大英帝国勲章を受賞

ツイート
アデルが12月19日(木)、英バッキンガム宮殿で勲章の大英帝国勲章のMBEを授与される。経済人、文化人、芸能人、スポーツ選手などの功績を称える目的で設立された大英帝国勲章より、アデルは音楽業界への貢献が認められ、英エリザベス女王の誕生日を祝って発表される叙勲へのリスト入りを果たした。今後は、大英帝国勲章の一員であることを証明するアデル・アドキンスMBEと呼ばれることになる。

◆アデル画像

アデルはセカンドアルバム『21』が世界30ヶ国以上でトップとなっただけでなく、本国イギリスでは23週間に渡って1位の座をキープして700万枚以上もの売り上げを記録しており、更にはアメリカでも24週間トップを保持しダイヤモンドディスクとして認められるなど、この2年の間でトップシンガーとしてその地位を確立してきた。また、2月には『007 スカイフォール』のテーマ曲『スカイフォール』でアカデミー賞主題歌賞も受賞している。

アデルは2014年中にも第3作目のスタジオアルバムとなる新作をリリースする予定だと噂されているが、2012年10月に恋人のサイモン・コネッキーとの間にできた第1子アンジェロ君を出産して以来、母親業で忙しい様子だ。

今回のMBEリストには、シンガーソングライターのPJハーヴェイ、テレビ・タレントのアレッド・ジョーンズ、作家ジョアン・ハリスなども選ばれているほか、BBCのコメンテーターであるクレア・ボールディングにはOBEが授与されている。

この記事をツイート

この記事の関連情報