井手綾香20歳、成人式にて振袖姿でピアノ弾き語り

ツイート

2013年7月19日の誕生日に20歳を迎えたシンガーソングライター・井手綾香。年が明けた1月12日、自身が生まれ育ち、メジャーデビューした今も日々を過ごしている地元・宮崎県串間市の成人式に出席。串間市からの依頼で、新成人を代表してピアノ弾き語りを披露した。

◆井手綾香 宮崎県串間市 成人式 画像

高校在学中のメジャーデビューからはや3年。2013年の夏には、地元・宮崎にてストリートライブを敢行し、のべ約3000人を動員。10月にはサンマリンスタジアム宮崎にておこなわれた、プロ野球ファーム日本一決定戦<2013プロ野球ファーム日本選手権>開会式に登場し、国歌斉唱の大役を果たした。また2014年2月11日には宮崎県民文化センターにて自身初となるホールワンマンライブも決定と、地元で目ざましい活動を続ける彼女。そんな中での今回の成人式でのサプライズ歌唱に至った。

「今日は、皆さんご存知の串間市出身のシンガーソングライター・井手綾香さんのサプライズライブです!」という進行の声とともに、会場の客席で成人式に参加していた井手は、同級生の声援に応えながら檀上にあがり、「ヒカリ」(パンテーン 2012春 CMソング)、「雲の向こう」(ハイチオールCプラス CMソング)をピアノ弾き語りで披露。曲の途中では、同じ時間を過ごした会場の新成人たちからのあたたかい手拍子が湧き起こり、壇上の井手も含め、会場全体が笑顔に包まれたライブとなった。

「地元である宮崎県の串間市で成人式に参加できて、本当に嬉しいです! そして、私のおばあちゃんから受け継いだこの振袖を着てライブをできたことは、素敵な思い出となりました! 私はこれまで恥ずかしさや照れが邪魔をして、困っている人に声をかけることや、いろんな人と繋がりたいのに自分から声をかけることができなかったりしていました。新成人となって、大人としての自立の意味も込めて、まずはそんな恥ずかしさや照れを自分からぬぐいさって一歩踏み出すことをここに誓います!」── 井手綾香



◆BARKSライブレポート
この記事をツイート

この記事の関連情報