【対談】<MONSTER BOX>、ギルガメッシュやDJダイノジら5者が語るバンドシーンの現状「バンドの歩む道がお客さんたちの人生のサウンドトラックになっていく」

ツイート

■僕を目がけてステージからtaamaが英語でめっちゃ煽ってきた──Julian(MAKE MY DAY)
■MAKE MY DAYは腕立て伏せをするバンドだなと──taama(ROACH)

▲Julian(MAKE MY DAY)
──ところで、ギルガメッシュ、ROACH、MAKE MY DAYの3バンドは、対バン経験は? 端から見てると、それぞれ立ち位置が違うようにも思ってましたが?

左迅:3バンドが一緒っていうのはないですけど、それぞれの対バン経験はありますね。

Julian:たぶん、絶妙に立ち位置が違うからこそ、一緒にライヴをやって面白いんですよ。

左迅:ただ、出してる音や音楽性に凄くリンクしてる部分があるから。

大谷:<MONSTER BOX Vol.00>っていうイベントもそうですよね。自分たちのお客さんだけを増やしたいのなら、もっと違うイベントの組み方があるだろうし。そうじゃないところが、凄く面白い。しかも、イメージとしては、みんなで仲良くやるっていうより、荒野をひとりで歩いて、パッと横を見たら同じようなスタンスのヤツがいるっていう感じ。

──“様々な音楽の壁を乗り越えられないバンドは死んだ。新たな時代の幕開けの狼煙を上げるべく立ち上がる新世代のAttitude”という、このイベントのテーマがそれを物語ってますよね。

左迅:だからこそ、いろんな界隈のバンドが一緒になるこのイベントで、お互いのシーンの良いところも、悪いところも見つけたい。いろんな文化に触れられたらいいなと考えてますね。

──では、お互いのバンドの印象はどうですか?

Julian:ギルガメッシュと初めて対バンしたときは驚きました。てっきりメイクして自分らのやり方でぶっこんでくるのかなと思ってたんです。だけど実際はノーメイクだったし、演奏も僕らハードコア界隈に負けないぐらいハード。何なら車の鍵なんかも腰につけっぱなしだし(笑)。だから、見せ方が違うだけで、やってることは凄く通ずる部分があるなって思ったのが第一印象でしたね。

左迅:それこそ、ヴィジュアル系って言葉は、サウンドを帯びてないじゃないですか。だから、それが音楽ジャンルのひとつになってることに疑問もある。一括りにヴィジュアル系っていっても、いろんな音楽をやってるバンドがいるから、音楽性もすべて一緒にされたくないという気持ちがあって。

Julian:うん。ちゃんと踏み込まないとわからないよね。たとえば、一括りにメタルといっても、いろんな形があるわけだから。

左迅:それを一緒にされて、先入観だけで毛嫌いされるっていう経験もしてきたんです。ROACHとMAKE MY DAYとはサウンドで近い部分があるから一緒にやりたいし、それぞれのお客さんにはヴィジュアル系っていう固定概念をぶっ壊して、“こういうバンドもいるんだよ”っていうことをわからせたいんですよ。

▲taama(ROACH)
──では、ROACHについてはどうでした?

Julian:たまたま遊びに行ったライヴハウスでステージを観ていたんです。僕はハーフだから外見が目立つじゃないですか。そしたら、taamaが突然僕めがけて英語でめっちゃ煽ってきて(笑)。

一同:ハハハハ(笑)。

Julian:バンドとしては、オラオラ系で音もハードだけど、日本語詞を大事にしている。“こんなバンドいねえな”って衝撃を受けましたね。そこから、いつの間にか仲良くなって。

──反対に、taamaさんのMAKE MY DAYの印象は?

taama:腕立て伏せをするバンドだなと。

大谷:えっ!? どういうこと?

taama:いつも最後にヘヴィになるパートがあって、そのときになぜかみんな腕立て伏せをするっていう(笑)。MAKE MY DAYっていうバンド名に改名する前の恒例行事だったんで、今後もやるかはわからないんですけど。

岩瀬:それ、お客さんも腕立て伏せするんですか?

Julian:はい、「The Prayer」という楽曲では、みんなでやってますね(笑)。

岩瀬:ある意味、すでに壁を壊してますよね。

一同:ハハハハ(笑)。

taama:オレらは沖縄っていう田舎から出てきてるんで、流行りの音楽にちょっと疎かったりしたんです。だから、MAKE MY DAYは洗練された音を出してるなっていう印象が強くて。出会った当時は、ROACHの音楽が受け入れられるのかどうかもわかってなくて、とにかくガムシャラにやってた時期だったから、MAKE MY DAYが羨ましいところもあった。

◆インタビュー(3)へ
◆インタビュー(1)へ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス