現代ポップシーン最高のピアノマン、ベン・フォールズとオーケストラの共演ライヴが決定

ツイート
ベン・フォールズがオーケストラと共演する「THE BEN FOLDS ORCHESTRA EXPERIENCE」の日本での公演が決定した。

ベン・フォールズは1995年にベン・フォールズ・ファイヴのメンバーとしてデビュー。ピアノ+ベース+ドラムというギターレス・トリオが生み出す、パンキッシュでパワフルなプレイと、類い稀なるメロディ・センスが大評判となり、瞬く間に大ブレイクを果たした。1997年リリースの2ndアルバム『ワットエヴァー・アンド・エヴァー・アーメン』は、デビュー・アルバムを上回る30万枚を超えるヒットとなった。

2000年にバンドが平和的に解散すると、翌年には1stソロ・アルバム『ロッキン・ザ・サバーブス』をリリース。同年にソロとして初の日本公演を行い大成功を収めた。その後も『ソングス・フォー・シルヴァーマン』(2005)や『ウェイ・トゥ・ノーマル』(2008)を順調にリリース。2010年には英国の作家、ニック・ホーンビィとの異色コラボ・アルバム『ロンリー・アベニュー』を発表した。

その後、2012年にベン・フォールズ・ファイヴが復活。13年振りのアルバムとなる『サウンド・オブ・ザ・ライフ・オブ・マインド』がリリースされ、日本公演を含むワールド・ツアーは大盛況となり、'13年の12月31日まで行なわれた。

そして2014年3月、米国のナッシュビルを皮切りに、ベン・フォールズがオーケストラと共演する「THE BEN FOLDS ORCHESTRA EXPERIENCE」がスタート。全米、ヨーロッパで既に50公演が決定しており、来年1月までの長期ツアーとなっている。

そんな中、11月に日本での公演開催も決定。豪快にピアノを弾きまくる、超絶ピアノマンとオーケストラが融合するスペシャル・ライヴをお見逃しなく。

<公演日程>
11/17(月) 東京 Bunkamura オーチャードホール
11/18(火) 東京 Bunkamura オーチャードホール
11/20(木) 大阪 サンケイホールブリーゼ
[問]ウドー音楽事務所 03-3402-5999 udo.jp

チケット発売:[東京・大阪]7/19(土)

◆ウドー音楽事務所
この記事をツイート

この記事の関連情報