レノボの海の家でMIHIROがアコースティックライヴ敢行、クールな歌声が灼熱の砂浜をさらにホットに

ツイート

7月1日から鎌倉市の由比ヶ浜海水浴場にオープンしている「Lenovo House Beach Marche」(レノボ・ハウス ビーチマルシェ)は、レノボがプロデュースし、タブレットを活用する新しいスタイルを採用したことで話題を呼んでいる海の家だ。

その特徴的なスタイルに加え、様々なイベントが行なわれることでも人気を集めている。中でも音楽ファンが注目しているのが、レノボが“ビジョンを持って活躍している人気アーティスト”を応援する目的で企画されているアコースティック・ライヴだ。

その第一回目が8月2日の土曜日に開催され、満員となった会場をMIHIROがホットに盛り上げた。「Lenovo House Beach Marche」については後ほど詳しく紹介するとして、まずはここで行なわれたMIHIROのライヴの様子をお届けしよう。


▲ドリンクやフードを楽しみながらアコースティック・ライヴを観ることができるテーブル席。その周囲には立ち見客がぎっしりと並んだ。
イベントのスタートは、傾き始めた太陽がまだ容赦なく照りつける午後4時。普段は丸テーブルがいっぱいに並べられている「Lenovo House Beach Marche」内のスペースは、このライヴのために模様替えが行なわれ、学校の教室のように四角いテーブルと椅子がステージに向かって整然と並べられた。食事をしながらリラックスしてライヴを楽しめるスタイルなのだが、そうはいっても出演するのは人気アーティストのMIHIRO。その後ろと横には立ち見客がぎっしりと並んで超満員となり、熱気が渦巻いていた。そこに、熱い拍手と歓声に迎えられてMIHIROが登場した。


▲トークコーナーでは、MIHIROもすでに愛用者だという「Lenovo Miix 2 11」についてのトークが繰り広げられた。
まず最初はトークコーナー。夏の過ごし方を訊かれたMIHIROは、“山育ちだけど海にはいつも想いがあって、やっぱりビーチはテンションが上がる”と応え、“南フランスをイメージした海の家っていいですね”と「Lenovo House Beach Marche」についてもコメント。

そしてこの海の家で「YOGA TABLET 8」が活用されていることについては、“ビーチでも使えるってスゴい。進んでますね! こういうのはこれからはもう欠かせなくなる”とかなり感心した様子。


▲「Lenovo Miix 2 11」
そして話題は最新のWindowsタブレット「Lenovo Miix 2 11」へ。性能の高さやキーボードをドッキングさせて使える便利さなど、担当者による実機を見せながらの解説をうなずきながら聞いていたMIHIROだが、実はすでにこのタブレットを使っているという。“歌詞を書いたりブログを書くのに便利に使ってます。音質もよくて音楽も楽しめるし、軽くて色々なところに持ち運べるのがとくにいい”とお気に入りのツールになっていることを明かした。


▲キーボード、アコースティックギター、パーカッションをバックに4人編成で行なわれたアコースティック・ライヴ。
20分ほどのトークコーナーが終わって一度ステージから降りたMIHIROは、キーボードとアコースティック・ギター、パーカッションの3人をバックにした4人編成で再登場。軽快でファンキーなリズムに乗ったMIHIROの“Say Yeah!”の声から、早くもコール&レスポンスが始まり、のっけから客席はノリノリ。そのまま「君色日和」へとなだれ込む。オリジナルはしっとりとしたイメージのナンバーだが、今日はテンポも速くファンキーでとてもノリがいい。さらにノンストップで「Baby I love U」へと続く。手拍子は一段と大きくなり、サビでは一緒に歌っていた人も多数。


▲MIHIROは椅子に座り、リラックスした表情で自らの名曲やカヴァー曲を歌い上げ、ソウルフルなヴォーカルが真夏の砂浜をムーディに彩った。
「Baby I love U」が終わると“この曲、堂々と我がもの顔で歌ってますけど、違うと思ってるんです。TEEとシェネルが歌ったから多くの人に届いたわけで。今回はこういうシチュエーションに合うと思ったから歌ったけど、今後は自粛しようかなと思ってる。だから今日は貴重な機会だったかもね”とMIHIRO。そして、“色々いい曲をカヴァーさせてもらってるので、今日はみんなで歌いたい”と、今度は一転してスローなバラードだ。福山雅治の「最愛」、そしてサザンオールスターズの「TSUNAMI」を情感たっぷりに歌い上げる。MIHIROのソウルフルでセクシーな歌声はノリのいい曲も合うが、こういうバラードを聴くとやはり歌唱力もピカイチだとうならされる。さっきまでノリノリだった客席も静まり返って聴き入っていた。


▲南欧をイメージした白を基調とする外観が特徴の「Lenovo House Beach Marche」。夕方まで来場者が途切れることはなく、つねににぎわっていた。
終盤は超アップテンポの「Milestone」からメンバー紹介を挟んで新曲の「TAIYO」とアッパーなナンバーが続く。それまでずっと椅子に座って歌っていたMIHIROも立ち上がって手拍子をあおり、客席も一体となって盛り上がる中、ライヴは終了した。30分余りの短いステージだったが、生声さえ聴こえそうな至近距離でのライヴとあって、とても濃密な時間に感じられた。

このライヴが行なわれた「Lenovo House Beach Marche」は、前述のとおりPCメーカーのレノボがプロデュースする海の家だ。南フランスの人気リゾート地、ニースをイメージしており、白を基調としたデザイン。オープンキッチンやデッキスペース、オーシャンビューのビーチバーなどが備えられている。

 ▲各テーブルの「YOGA TABLET 8」にはメニューが表示。
 ▲タッチするだけでフードやドリンクの注文を行なえる。
 ▲充電器がテーブルに備えられている。
見た目にもオシャレなこの海の家だが、8インチタブレットの「YOGA TABLET 8」がすべてのテーブルに置かれているのが、レノボプロデュースならではだ。このタブレットは、フード、ドリンクのメニューが写真付きで表示でき、ここから直接注文することができるようになっている。わざわざカウンターに注文しに行く必要もないし、並んで順番を待つ煩わしさもない。もちろん通常のタブレットとしての使用も可能だ。店内には無線LANが完備されていて、Webサイトにアクセスしたり、電子書籍の閲覧もできる。また、USB充電器を備えたテーブルが数多く用意されていて、持参のタブレットやスマホを無料で充電可能になっているのもうれしいサービスだ。実際に、多くの来場者がスマホを充電器につないでいたし、卓上の「YOGA TABLET 8」にはとても興味を持ったようだ。みんなでタブレットを囲んでメニューを選ぶ様子も楽しそうだったし、もちろん美容料理研究家のYoko Komiyama氏がプロデュースした南欧風のフードもとてもおいしそう。来場者はみんなリラックスしてとても楽しそうな表情を浮かべていた。

「YOGA TABLET 8」を店外で使えるレンタルサービスもある。ビーチパラソルをレンタルすると、無料で「YOGA TABLET 8」も貸してもらえる。店内の無線LANと接続できるので、ビーチで寝転びながら電子書籍を読んだりドリンクを注文したりと、店内と同様のサービスを受けられるようになっている。


▲「みんなでつくろう! 夏の思い出 Lenovo house フォトモザイク」キャンペーンでは、入り口付近の“特設レノボフォトブース”で撮影した写真から、フォトモザイクでレノボのロゴが作られる。
この「Lenovo House Beach Marche」では、様々なイベントが企画されている。まず入り口には“特設レノボフォトブース”が設けられ、ここで撮影してSNSにアップされた写真をコラージュして、フォトモザイクでレノボのロゴを作る「みんなでつくろう! 夏の思い出 Lenovo house フォトモザイク」キャンペーンを実施。参加者には抽選で「YOGA TABLET 8」がプレゼントされる。また「ビーチクリーン&ビーチヨガ」は、朝7時半からヨガのレッスン、続いてビーチ清掃を行なった後、マクロビオティックの朝食が用意されるというイベントで、8月後半は16日と21日に開催される予定。

そしてアコースティック・ライヴは、12日には「もう二度と…」などのヒットを持つBENI、8月16日には日本最高峰のレゲエ・シンガーといわれるMOOMINが登場する予定だ。ライヴを観覧できるのは「Lenovo House Beach Marche」の利用者で、先着80名までとなっている。

「Lenovo House Beach Marche」は、8月31日まで鎌倉市の由比ヶ浜海水浴場でオープンしている。アコースティック・ライヴ、そしてレノボのタブレットに興味があるなら、ぜひ利用してみることをおススメする。いつもの海水浴とは一味違う楽しさを味わえること間違いなしだ。

<YOGA TABLET 8>
「Lenovo House Beach Marche」で使われていた「YOGA TABLET 8」は、スタイリッシュな薄型、軽量の8型Androidタブレット。本体の片側が円筒形のシリンダー形状になっていて、片手でも安定して持つことができる。ここに回転式のスタンドが組み込まれていて、スタンドを起こすことで机上に立てることができるほか、机上などに寝かせたときには斜めに見やすい角度で置くことができる。10点マルチタッチ対応のIPSパネルは明るくて見やすく、視野角も広いのでみんなで楽しむこともできる。バッテリーはスタミナ仕様で、最大16時間使えるのも大きな魅力だ。

◆レノボ・ジャパン
◆YOGA TABLETシリーズ
この記事をツイート

この記事の関連情報