ヤマハ、スタイリッシュなラックでリアルサラウンドが楽しめるPOLYPHONYに4K&Bluetooth対応モデル「YRS-1500」「YRS-2500」

twitterツイート

ヤマハは、スタイリッシュなテレビ用ラックでリアルサラウンドが楽しめ、4KパススルーやBluetoothに対応したシアターラックシステム「POLYPHONY(ポリフォニー)」の最新モデルとして、「YRS-1500」、「YRS-2500」を9月下旬より順次発売する。

「YRS-1500」「YRS-2500」は、「YSPシリーズ」でも定評のある「デジタル・サウンド・プロジェクター」技術を搭載し、臨場感あふれるリアルサラウンドをスタイリッシュなテレビ用ラックスタイルで楽しめる「POLYPHONY(ポリフォニー)」の最新モデル。

トレンドに合わせて、4KパススルーやBluetooth、スマートフォン・タブレットで操作可能な専用アプリケーションに対応。大画面テレビで視聴するのにも最適な高さ400mmのローボードスタイルで、幅1200mmの「YRS-1500」と幅1600mmの「YRS-2500」、テレビサイズに合わせて選べる2サイズをラインナップする。

デザインは、初代モデルから定評ある「POLYPHONY(ポリフォニー)」のスタイリッシュで開放感のあるもの。木の質感を引き立たせるアルミ脚などを配し、ラック部にシアターシステムをすっきりと内蔵させている。天板には高級感のあるガラス材を採用し、ブラック色ではモダンで上質なヘアラインウッド加工を表面に施しインテリア性を向上。大画面テレビの視聴にも最適なローボードスタイルで、2サイズを展開する。棚板は高さ位置3段階の可変式で、Blu-rayレコーダーなどに合わせて高さ調節が可能。さらに、各種端子は背面部のくぼみに搭載され、ラックを壁に寄せて設置することができる。別売オプションの金具「YTS-V1200」(VESAマウントアーム規格に準拠)を使用すれば、壁掛けテレビのようにすっきりとテレビを設置することも可能だ。

サウンドにも抜かりはない。「YSPシリーズ」にも搭載されているヤマハ独自の「デジタル・サウンド・プロジェクター」技術により、リアルなサラウンドを実現。ビーム化した音を壁に反射させるため、実際にスピーカーがあるべき場所から音が聴こえ、視聴者の位置を限定せずに複数人で自然なサラウンド感を堪能できる。普段のテレビ番組はもちろん、映画・音楽・スポーツ・ゲームなどさまざまなコンテンツを、圧倒的な臨場感で楽しめる。

テレビとの連動操作や視聴環境の自動設定などで、操作や設定が簡単になったのも見逃せない。大手メーカーのテレビやレコーダーに対応した「HDMIコントロール機能(リンク機能)」を搭載。接続中のテレビやレコーダーのリモコン操作と連動して、本機の電源ON/OFF・音量調整・入力切替などが行える。また、設置する室内の形状などに合わせて、ベストな視聴環境をフルオートで設定できる音響測定・最適化技術「インテリビーム」を搭載。付属のマイクを使って約3分間の測定をするだけで、ビーム角度・音量・音質などを各チャンネルごとに自動で設定できる。さらに、室内の視聴位置を3スポットまでメモリー登録可能。導入時に設定しておけば使用するたびにセッティングする必要もない。その他に、HDMI接続でテレビに設定画面を表示して詳細設定が行える「OSD(オンスクリーンディスプレイ)機能」を搭載。コンテンツを視聴中でも、自由に設定切替ができるようになった。

多彩な機器への対応も魅力の1つ。4K/60p、3D映像伝送(パススルー)に対応した最新規格のHDMI端子を搭載。ブルーレイディスクレコーダーなどからの高精細な4K/60p映像信号を、本機を経由してテレビに伝送可能。また、HDオーディオにも対応し、ロスレス・サラウンド音声を最大限のクオリティで再生できる。そして、Bluetoothにも対応。テレビを視聴していないときでも、スマートフォン・タブレットなどのBluetooth対応機器内の音楽コンテンツを手軽にワイヤレス操作で再生できる。さらに、独自の音質改善技術「ミュージック・エンハンサー」を搭載し、スマートフォンなどからの圧縮音源も高音質で楽しめる。また、Bluetooth対応端末と電源の連動ができる「Bluetoothスタンバイモード」を搭載。スマートフォンなどの対応端末側からBluetooth接続すると本機の電源がONになり、同様に接続を切断すると電源をOFFにできるので、電源操作の手間が省ける。その他に、セリフやナレーションを格段に聴き取りやすくする「クリアボイス」や、ヘッドホン接続して静かな環境でのバーチャルサラウンドによる視聴が楽しめる「ヘッドホン端子」を搭載する。

スマートフォン・タブレットには専用アプリケーション「HOME THEATER CONTROLLER」を用意(iOS版・Android版ともに無償ダウンロード提供)。リスニングモードやシネマDSPの選択、クリアボイスなど音質機能のON/OFF切替、サブウーファーのボリューム調整などが、スマートフォンやタブレットの画面上から手軽に行える。また、アプリケーションのホーム画面には、入力中の機器や選択中のサラウンドプログラムなどをアイコンで分かりやすく表示。本体の状況を一目で把握でき、操作がより快適になる。


いずれも実用最大出力(JEITA)は232W。入力端子は、HDMI3系統、音声4系統(アナログ1、光デジタル2、同軸デジタル1) 、そしてインテリビームマイク用1系統を搭載。出力端子は、HDMI1系統(ARC)、音声1系統(ヘッドホン出力:バーチャルサラウンド) 。Bluetoothは、Ver.2.1・EDR、対応プロファイルはA2DP/SPP、対応コーデックはSBCとaptX、無線出力はBluetooth Class2で、SCMS-T方式のコンテンツ保護にも対応、最大通信距離(障害物のない見通し距離)は10m。外形寸法/重量は、「YRS-1500」が1200W×400H×445Dmm/43.8kg、「YRS-2500」が1600W×400H×445Dmm/58.7kg。

<YRS-1500/YRS-2500おもな機能>
対応可能フォーマット:
ドルビーTrueHD/ドルビーデジタルプラス/ドルビーデジタル/ドルビーデジタルサラウンドEX/DTS-HD Master Audio/DTS-HD High Resolution Audio/DTS/DTS Express/DTS 96/24/DTS-ES(Discreate/Matrix)/MPEG2 AAC/ドルビープロロジックII/ドルビープロロジックIIx/DTS Neo:6(Cinema/Music)/PCM
リスニングモード:
ステレオ(ステレオ機能:ステレオ)/サラウンド(サラウンド機能:5ch出力時:5ビーム、ステレオ+3ビーム、3ビーム、マイサラウンド/7ch出力時:5ビームプラス2、ステレオ+3ビームプラス2、3ビーム、マイサラウンド、ターゲット)
サラウンドモード:
シネマDSPオフ/オン10プログラム:音楽(ミュージックビデオ、コンサートホール、ジャズクラブ)/映画(SFX、スペクタクル、アドベンチャー)/エンターテイメント(スポーツ、ドラマ、バラエティー、ゲーム)
その他の機能:
・ミュージック・エンハンサー
・クリアボイス
・ユニボリューム
・OSD(オンスクリーンディスプレイ)機能
・ECOモード(フロントパネルの消灯、最大ボリュームを70に設定)
・オートパワーオフ(無操作8時間で電源オフ)
ビーム調整モード:自動設定「インテリビーム」、詳細設定

◆YRS-1500
カラー:(B)ブラック、(MD)アーバンブラウン
価格:オープン
発売日:2014年9月下旬
◆YRS-2500
カラー:(B)ブラック、(MD)アーバンブラウン
価格:オープン
発売日:2014年10月中旬

◆YRS-1500 製品詳細ページ
◆YRS-2500 製品詳細ページ
◆ヤマハ
◆BARKS 楽器チャンネル
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報