中島美嘉、全40曲を網羅したベストアルバム2作同時発売「曲と共に色々な思い出を」

ツイート

中島美嘉が11月5日、10年振りとなるベストアルバム『DEARS』『TEARS』を2タイトル同時リリースする。このリリースに伴い、12月30日に日本武道館にてイベントを開催することも発表となった。

◆中島美嘉 拡大画像

「11月5日に私のベストアルバム『DEARS』『TEARS』が発売されます。デビューから最新シングル全40曲が収録されたアルバムです。曲と共に、皆さんの色々な思い出を振り返ることができるようなアルバムになると嬉しいです」──中島美嘉

同ベストアルバムは、2001年のデビュー曲「STARS」から、「雪の華」「ORION」「GLAMOROUS SKY」などのヒットシングルはもちろん、加藤ミリヤとのコラボで話題となった最新シングル「Fighter/Gift」までの全40タイトルを網羅したもの。中島美嘉のナンバーといえば、“泣ける”“切ない”など、涙する時に聴きたい曲としての定評があるが、本作では“二つの涙”というテーマのもと、“明日のために流す涙”盤『DEARS』、“誰かを想って流す涙”盤『TEARS』として、それぞれに20曲が収録される。

初回盤には、これまでに行ったツアーの中から厳選したライブ映像DVDが付属することも決定した。その中には2002年に行われた1stツアーの貴重な映像も含まれる。さらには「中島美嘉の今日の一言」“一言篇”、“占い篇”と題した特典映像を収録。ランダム再生ができるようになっており、どんな映像が流れるか分からないおみくじのような演出が楽しめるとのことだ。

公開されたCDジャケットは、デビューシングル「STARS」のデザインをベースに制作されたもの。『DEARS』は2001年のデビューシングルの写真を、『TEARS』は2014年に撮り下ろされた今の中島美嘉の写真を使用した。当時のビジュアルイメージの象徴だった“蓮”を“雪の結晶”のモチーフに置き換え、18歳のデビュー当時から現在まで、音楽シーンを駆け抜けてきた中島美嘉の成長記録を表現したデザインに仕上がっている。

そして、本作のリリースを記念して12月30日(火)、日本武道館にてイベントを開催することが決定した。同イベントでは数々のヒット曲を披露するほか、「雪の華」を中島美嘉と一緒に一万人で合唱し、その模様の公開レコーディングを行う。収録した「雪の華」は、今後のプロダクツに収録される予定となっており、参加者は一万人のシンガーとして名前が映像にクレジットされる予定だ。ベストアルバムの購入者を対象に、抽選で2500組5000名が本イベントに無料招待されることも決定している。

■ベストアルバム『DEARS』(ディアーズ)
2014年11月5日リリース
AICL:2765-2766

■ベストアルバム『TEARS』(ティアーズ)
2014年11月5日リリース
AICL:2770-2771

※両タイトルとも初回盤CD2枚(20tracks)+DVD(6tracks),通常盤CD2枚(20tracks)
※初回盤 \3.800(税抜) 通常盤 \3.200(税抜)

<収録予定曲>
「雪の華」「ORION」「WILL」「STARS」「GLAMOROUS SKY」「LIFE」「Dear」「桜色舞うころ」「初恋」など、全てのシングル40曲を[DEARS]と[TEARS]に20曲ずつ分けて収録。

■<武道館イベント詳細>
中島美嘉と日本武道館で「雪の華」を歌おう!
「一万人の雪の華」2014.12.30開催決定!
16時開場/17時開演予定
※応募の詳細はCDに封入されるチラシをご覧ください。

◆中島美嘉 オフィシャルサイト
◆中島美嘉 オフィシャルFacebook
この記事をツイート

この記事の関連情報