Happiness、ラゾーナ川崎で“Seek A Light”なハプニング

ツイート

E-girlsを構成するグループのひとつでもあるHappinessが、7枚目のシングル「Seek A Light」のリリース記念イベントを11月12日にラゾーナ川崎にて行なった。

◆Happiness「Seek A Light」ジャケット、ミュージックビデオ

当日は、Happinessを一目見ようと学校帰りの学生たちを中心に幅広いファンが会場に集結。1曲目として披露されたのは、彼女たちがエイベックス移籍時にリリースした楽曲「JUICY LOVE」。4階まであるラゾーナ川崎に集まったファンの気持ちを一瞬にして高める元気な音楽とパフォーマンスを見せた。

その後のMCでは、メンバーから本作「Seek A Light」に対するそれぞれの想いが語られた。ボーカル兼パフォーマーの藤井夏恋は「タイトルの『Seek A Light』=“光(夢)をさがす。”と同じで、私たちも夢を探してそれに向かってる途中です。メンバーひとりひとりの光を集めて、それが大きな光になって輝けるようにって意味も込められています。」とコメント。また本作の振り付けを行なったメンバーのひとり、MIYUUは「この曲をいろんな人にもっと伝えたい。という気持ちから、『Seek A Light』や『約束』っていう歌詞の振りに、手話を取り入れた。」と話した。

MC後に行なわれた「Seek A Light」のパフォーマンス。そして続く「Show Me Your Heart」でハプニングが発生する。最高潮に盛り上がる中で、突然、音が聞こえなくなり、舞台の照明も消え、真っ暗になってしまったのだ。しかし、そんな状況にもかかわらず、彼女たちは集まってくれたファンに向けてパフォーマンスを止めなかった。

結局、機材トラブルで一度中断する形となったが、あらためて舞台に登場したHappinessは、再度「Seek A Light」をラゾーナ川崎に集まった多くの人たちに、気持ちを込めて披露した。


◆BARKS Kawaii
この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報