ももクロ vs KISS、大型コラボの“キーマン”が明かす制作秘話を独占公開

ツイート

■徹底チェック「夢の浮世に咲いてみな」
■ももクロイズムとKISSイズムの融合


フィーチャリングでもアンドでもなく“ヴァーサス”。ジーン・シモンズの舌もいつも以上に伸びているような(気がしなくもない)、挑発的なアーティスト写真と共に届いた夢のコラボ。ももいろクローバーZ VS KISSが放つシングル「夢の浮世に咲いてみな」は、ももクロ盤がCD2曲+Blu-ray1曲の3曲入り、KISS盤がCDオンリーの3曲入り。

そもそもKISSがももクロに強い興味を持ってアプローチしたのがきっかけで、しかもKISSが他のアーティストと音源上でコラボレーションするのはこれが初。これはロック史に残る事件ですよということが、モノノフどもにどれだけ伝わっているかは不明だが、そんな前置きはどうでもよろしい。作詞は岩里祐穂とポール・スタンレー、作曲がポールとプロデューサーのグレッグ・コリンズ(この人もとんでもないキャリアの持ち主。各自調べること)、演奏とコーラスがKISS、歌がももクロ。一体どんな曲なのか。早速プレイボタンを押してチェックみる。


三拍子のリズムに浮遊するシンセが絡む不思議なイントロ。間髪入れずに鋭いギターリフが切り込み、ドンドコドンドコ鳴り響く、いかにもKISSらしい重いエイトビートを刻むドラムがあとを受け、ももクロのヴォーカルが飛び込んでくる。バックには日本と中国を混同したような東洋風のカウンターメロディ。岩里祐穂の歌詞も「ほーっ、ほーっ、蛍来い!」と来た。なんだかよくわからないが、なんだかすごそうなオープニングに心踊る。

2ヴァースのあとに転調して、てっきりサビ前の展開だと思っていた部分が、あとで気づくと実はサビだった。つまりA→A'→Bという、非常にシンプルな構成。ももクロのヴォーカルは伸びやかで元気いっぱいだし、「Hey! Hey! Hey!」「Paint it! Change it! Rearrange it!」と合いの手を入れるKISSのコーラスもスピード感たっぷり。ダンサブルな要素を持ったロックチューンとして手堅い出来だが、逆に言うとももクロのいつもの複雑怪奇な曲調を予想して身構えないほうがいい。これはKISSの曲なのだ。ロックンロール・イズ・シンプル。

2番、繰り返し。歌詞は「エッ、エッ、エッサホイサ!」だ。サビの裏側に突然ギターソロが聴こえ、すぐに消えた。そのあとに、なぜかピコピコしたシンセ・ポップのパートが入る。摩訶不思議。最初のヴァースに戻り、イントロと同じアウトロに戻って、約4分40秒。狐につつまれた、いやそんなあったかい感じではなく、狐につままれたような謎の余韻が残る曲。もう一度聴いてみよう。アゲイン、アゲイン。

結論。ももクロとKISSの対決というよりも、お互いが歩み寄りつつも我を通し、気配りと愛のある一期一会感あふれる曲。それを確かめるには、モモクロ盤Blu-ray収録のミュージックビデオを見るのが手っ取り早い。日本情緒いっぱいの富嶽三十六景的なアニメに続き、あの『地獄のさけび』を彷彿とさせるKISSのメンバーのひらがな表記が泣ける実写と合成シーンは、「西遊記」と「イエローサブマリン」と「南総里見八犬伝」と「北斎漫画」と、その他もろもろ混ぜ合わせたようなハイテンションで、ラストシーン(見てください)はなかなか感動的。メイキングが見たい。

ももクロ盤もKISS盤も、2曲目はおなじみ「Rock and Roll All Nite」。アレンジはNARASAKI/ゆよゆっぺという日本チームで、原曲よりも軽やかで華やかなサウンドメイク。中盤ではスペイシーなテクノになる。気合満点で英語ヴォーカルにトライするももクロメンバーの、精一杯ロック的ワルっぽさを出したつもりがやっぱり可愛いヴォーカルがいい感じ。

そしてもう1曲、KISS盤に収録されている「SAMURAI SON」だが、これが「夢の浮世に咲いてみな」と同じ曲。ポールのヴォーカルによる英語詞バージョンで、逆にももクロがコーラス参加。東京、大阪、京都など地名を織り込んだご当地ソングでありつつ、「サムライの息子と呼んでくれ」「戦いは終わらない」「人生は同じじゃない」と、派手に煽りまくるポジティヴ・ソングだ。

ご存知のとおり、3月3日にKISSは東京ドームのステージに立つ。特別参戦はももいろクローバーZ。「夢の浮世に咲いてみな」はもちろん、3曲全部やってくれるかもしれない。あるいはさらなるサプライズも?  果たして夢の対決の勝負はつくのか、東京ドームでの決戦を目撃せよ。

レビュー●宮本英夫

ももいろクローバーZ vs KISS ニューシングル「夢の浮世に咲いてみな」

2015年1月28日発売

[ももクロ盤(CD+Blu-ray)]
品番:KIZM-321~2
価格:¥1,759+税
<CD>
1. 夢の浮世に咲いてみな
作詞:岩里祐穂、Paul Stanley
作曲:Paul Stanley、Greg Collins
編曲:KISS、Greg Collins
演奏・コーラス:KISS

2. Rock and Roll All Nite
作詞作曲:GENE SIMMONS / PAUL STANLEY
編曲:NARASAKI, ゆよゆっぺ

<Blu-ray>
「夢の浮世に咲いてみな」MUSIC VIDEO収録

[KISS盤(CD Only)]
品番:KICM-1579
価格:\1,250+税
<CD>
1. 夢の浮世に咲いてみな
作詞:岩里祐穂、Paul Stanley
作曲:Paul Stanley、Greg Collins
編曲:KISS、Greg Collins
演奏・コーラス:KISS

2. Rock and Roll All Nite
作詞作曲:GENE SIMMONS / PAUL STANLEY
編曲:NARASAKI, ゆよゆっぺ

3. SAMURAI SON
作詞:Paul Stanley
作曲:Paul Stanley、Greg Collins
編曲:KISS、Greg Collins
演奏:KISS
コーラス:ももいろクローバーZ

シングル「青春賦」

2015年3月11日発売
[初回限定盤A(CD+Blu-ray)]
品番:KICM-91585 価格:¥1,852+税
<CD>
・青春賦(映画「幕が上がる」主題歌)
・走れ!-Z ver.-(映画「幕が上がる」挿入歌)
・映画挿入歌A
・各off vocal ver.
(全6曲収録)
<Blu-ray>
「青春賦」Music Video

[初回限定盤B(CD+Blu-ray)]
品番:KICM-91586 価格:¥1,852+税
<CD>
・青春賦(映画「幕が上がる」主題歌)
・走れ!-Z ver.-(映画「幕が上がる」挿入歌)
・映画挿入歌B
・各off vocal ver.
(全6曲収録)
<Blu-ray>
「映画挿入歌」Music Video

[通常盤(CD Only)]
品番:KICM-1389 価格:¥1,852+税
<CD>
・青春賦(映画「幕が上がる」主題歌)
・走れ!-Z ver.-(映画「幕が上がる」挿入歌)
・映画挿入歌A
・映画挿入歌B
・各off vocal ver.
(全8曲収録)

<KISS>キッス 40周年記念ツアー ファイナル公演

2015年3月3日(火)東京ドーム
特別参戦:ももいろクローバーZ
ウドーHP(PC):http://udo.jp
ウドーHP(携帯):http://m.udo.jp
イープラス(PC/携帯共通);http://eplus.jp/kiss2015
お問い合わせ:ウドー音楽事務所 03-3402-5999


この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報