【インタビュー】i☆Ris、名刺代わりの1stアルバム&ツアーで全国に愛を届けます!

twitterツイート

メンバー全員が声優でありアーティストでもある、異色のユニット・i☆Ris。彼女達のアルバム『We are i☆Ris!!!』が4月8日に発売され、さらにその後は5都市7公演の全国ツアーもスタートする。現在、人気子供向けアニメ『プリパラ』で主題歌のみならずメインキャストをメンバー全員が担当し、さらにスマートフォン用ゲーム『ザクセスヘブン』にも全員で出演することが発表されるなど、ますます注目を集めるi☆Risだが、デビューから3年目に入って意外にもこれが初のオリジナルアルバム、全国ツアーとなる。しかもアルバムはいわゆるベスト盤的な内容ではなく、11曲中6曲が新曲という意欲作。そこに並々ならぬ思いが込められているのは明らかだ。完成したばかりのアルバムの内容について、そして来るツアーへの意気込みをメンバーに聞いた。

◆i☆Ris~画像&映像~

▲『We are i☆Ris!!!』TYPE-A盤

▲『We are i☆Ris!!!』TYPE-B盤

▲『We are i☆Ris!!!』TYPE-C盤

▲山北早紀

■山北「私達のことを知ってもらえる、名刺代わりになるようなアルバム」

――先ほどPC用『ザクセスヘブン』の発表会も伺いました。『プリパラ』に続いてまた6人で出演となりますが、率直な感想は?

山北早紀(以下、山北):素直にうれしいです。『プリパラ』は女の子向けで明るい感じですが、『ザクセスヘブン』はそれとは正反対のシリアスな感じですし。

茜屋日海夏(以下、茜屋):これからどんな役を演じるかをお知らせいただける予定で、6人が『プリパラ』とはまた違って、どういう関わりかたをしていくのかというのも楽しみです。

――こちらも楽しみです。それでは『We are i☆Ris!!!』について伺います。アルバムはいつから制作していたのでしょうか?

芹澤優(以下、芹澤):2014年11月のライブ<i☆Ris 2nd Anniversary Live~Dream Evolution~>で制作を発表しましたけど、その時はまだアルバムを作ること以外は何も決まっていなくて。2014年末から2015年に入って本格的に作り始めました。

澁谷梓希(以下、澁谷):どの曲を入れるかといった話し合いを12月半ばくらいにしていた記憶が……。

芹澤:でも、それから最近(編注:3月中旬)までロゴとか細かいところをずっと決め続けていて、結構時間をかけて悩んで作りました。

――アルバム制作にどれくらいi☆Risメンバーは関わったのでしょうか?

山北:かなり関わりました。初めてのアルバムですし、“私達のことを知ってもらえる、名刺代わりになるようなアルバム”というコンセプトもあったので、タイトルとかも私達で決めましたし。シングルの収録曲や曲順、新曲はどんな曲が歌いたいかとか、全員で意見を出し合って、みんなが納得できるアルバムになりました。

茜屋:この『We are i☆Ris!!!』の“!”マークも“3年目だから3本にしよう”と決めて。

久保田未夢(以下、久保田):確か1本、2本、3本、6本、あとナシという選択肢がありました。

茜屋:“6本じゃ多いよね、どう考えても”みたいな。3本って言ったのは早紀さまです。さすがリーダー!

澁谷:そういったところも含めて、本当にアルバム制作にはこだわりました。個人的にはデュオ曲の早紀さまと歌っている「Believe in」という曲は、オケにも“ここのシンセサイザーはいらない”とか注文して。それだけに、本当に自信を持って届けられる1枚になったと思います。

――「Believe in」はR・O・Nさんが作曲&編曲ですよね。これまでのi☆Risにはない、かなり激しい曲です。

澁谷:私はこういう曲調を歌ってみたかったんです。すっごいかっこつけて歌っていて、気持ちよかったです。

山北:i☆Risで歌ってるときはハモリが多いんですよ。デュオ曲はソロパートが増えるぶん、メンバーひとりひとりの歌声が聴けるので、そういった面でも楽しめると思います。

――そのデュオ曲についてお伺いします。山北さん&澁谷さん、茜屋さん&若井さん、芹澤さん&久保田さんというペアはどういう風に決まったのでしょうか?

山北:自然にというか、よく分かれるペアがありまして、それですね。

芹澤:仲がいいというより、定期ライブをやっていたころにデュオで歌っていた時のペアです。その流れがあったので、もうこのペアで歌うのが当然、みたいな感じでしたね。

若井友希(以下、若井):音楽ジャンル的にも、かっこいい、かわいい、バラードチックと上手く分かれています。

――今回のデュオ曲もまさにそのとおりですね。先ほどの「Believe in」はかっこいい系ですし、「Love Magic」はド直球にかわいい系です。

久保田:いくつかの候補から選ばせていただきました。聴いている人が主人公で、ヒロインの私たちが取り合う三角関係のアニメっぽい曲調で、声優もしている私たちだからこそ歌える感じに仕上がりました。

芹澤:サビの“もっとぎゅっと”とか、台詞っぽく歌っていてその辺りですね。

――バラードの「流星」に関しては?

▲茜屋日海夏

茜屋:2曲あったうちの1曲を選ばせていただきましたが、“この二人で歌うならこんな感じの曲かな”と思って選びました。歌も、歌詞が語りかけるような内容だったので、歌うというより語る感じにしています。

若井:i☆Risでもなかなかないシンプルなバラードですが、私たちのよさが溢れていると思います。

――バラードは難しさもあると思いますが……。

若井:私はバラードのほうが得意ですね。

茜屋:私もバラードですね。

――では本当にこの組み合わせでよかったんですね。既存の曲について伺いたいのですが、シングルの表題曲でも収録されていないものもあります。

全員:めちゃくちゃ悩みました!

山北:本当に厳正な審査を乗り越え、見事選ばれた曲達です。

若井:i☆Risってシングル1枚に3曲が入っていることもあって、最近本当にたくさん曲が増えましたし。

芹澤:新しく聴いてくれた人はシングル曲が全部欲しいとは思いますが、ずっと応援してくれている人は新曲も聴きたいだろうなと考えて、こういうバランスになりました。

澁谷:でもCDに入っていない曲も、DVDにも入っているのもあるので、そちらを観ていただければ(笑)

若井:そうだね。しかもTYPE-AとTYPE-Bで収録曲が違うし、本当に全部観ていただきたいです。

※新アルバムは3種類あり、TYPE-AとTYPE-Bがそれぞれ異なるライブの模様を収録したDVDが付属、TYPE-CがCDのみとなる。

――選曲のポイントは?

芹澤:大事なところで披露してきた曲だったり、キーポイントになっていた曲を収録しました。ほかのシングル曲は、DVDを観て気になったらCDをポチっていただければ(笑)

――そういうことなら、「幻想曲WONDERLAND」が2曲目なのも納得感高いですね。

若井:それもこだわりで、1曲めは印象強いものにしたかったし、たくさんの人が私たちのことを知ってくれたきっかけでもある「Make it!」で。2曲目は個性的で、私たちの色が出ているものにしたくて「幻想曲WONDERLAND」にしました。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報

amazon
amazon
amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス