【ライヴレポート】VAMPS、アリーナツアー最終日に「また輸血させてください」

twitterツイート

4年ぶりのオリジナルアルバム『BLOODSUCKERS』を携えたVAMPSのアリーナツアー<VAMPS LIVE 2015“BLOODSUCKERS”>のファイナル公演が5月30日および31日にさいたまスーパーアリーナで開催された。

◆VAMPS 画像

これまでのツアーと異なるのは、今回のアリーナツアーが1ヶ月以上にもわたる全米ツアーをはじめ、ニューヨークや香港単独公演、ジャカルタや台湾で行なわれたイベントなど、海外公演を挟んでの総括ライヴとなったことだろう。アリーナ公演ならではのスケール感たっぷりの仕掛けや派手な演出が観客を隅から隅まで楽しませ、SIXX:A.M.らと廻ったロードの日々がVAMPSを文字通り“世界レベル”の強靭なロックバンドへとパワーアップさせたことを証明するライヴとなった。

アリーナツアーの最終日。会場に入るとステージのスクリーンにはデジタル時計が映し出されていた。開演時間に刻々と近づいていくカウントダウンと、徐々に音量を上げていくSEが場内の雰囲気をいやがおうにも盛り上げ、ザワめく中、スクリーンの“6:66”の数字とともに怒濤の大歓声。その瞬間を逃さぬよう、いっせいにオーディエンスがスマホや携帯を向ける。今回のアリーナツアーでは写真撮影、動画撮影が許可されていたため、ファンが捉えた多くのレアな写真がネット上にアップされている。それよりなにより、客席に光るそれら明かりのなんとキレイなことか。

ステージの床まで伸びるスロープ状の巨大LEDスクリーンに宇宙の営みを思わせる神秘的な映像が映し出された。オープニングはさいたまスーパーアリーナをすっぽりと包みこむスケール感で鳴らされた「ZERO」だ。この曲は籠城型ライヴハウスツアーでも重要な役割を果たしていたが、グルーヴのデカさに身体が自然と揺らされる。

レーザーが派手に飛び交う中で演奏された「LIPS」ではK.A.Zのアグレッシヴなギターに刺激されるかのようにHYDEが上手下手へと動きまわってオーディエンスを挑発。スクリーンとステージのダブル火柱攻撃の演出もエキサイティングな「REDRUM」が血のような赤い照明の中、興奮を加速させる。スクリーンに映し出されたHYDEの青く妖しく光る目は、異次元からやってきたBEASTのようだ。

そもそもスキルの高いメンバー揃いのVAMPSだが、K.A.Z、ARIMATSU、Ju-ken、JINの楽器陣の演奏はより緻密でソリッドになり、迫力、説得力ともに倍増している。そして、この強者たちを率いるHYDEの歌は全米ツアーを経て、声量を含め圧倒的にタフになった印象だ。スクリーンに歌詞の一部が映し出された「REVOLUTION Ⅱ」のロールするグルーヴも問答無用の気持ちよさ。フラッグを肩にかけたHYDEが「COME ON! BLOODSUCKERS!」と叫び、場内にストンプとシンガロングが響き渡った。間髪入れずに次々に曲が投下され、HYDEが「悪いコになっていいからね。悪いコになれ!」と煽った「REPLAY」ではK.A.Zの切なさと激しさが交錯するギターが空間に舞う。「GET AWAY」ではJu-kenのベースソロがフィーチャーされ、そのクールで熱い演奏に身体ごとさらわれそうな快感を覚えた。

ライヴは早くも中盤戦に突入。アルバム『BLOODSUCKERS』収録曲たちはVAMPSのステージをよりドラマティックに彩り、深遠な世界へと連れていく装置を果たすことになったが、「DAMNED」から始まるセクションは息をのむほどに鬼気迫るものがある。スクリーンには聖堂を思わせるステンドグラスが浮かびあがり、研ぎすまされたダイナミックな演奏のもとHYDEが何者かを降臨させたかのようなヴォーカルで場内を釘づけにする。キレ味抜群のビートが興奮に火をつける「EVIL」も儀式のような妖しさでBLOODSUCKERSたちを虜にし、“ウォーッ”という歓声にさいたまスーパーアリーナが揺れた。そして映像はゆっくりと深紅の薔薇に抱かれて永遠の眠りについた美女へと姿を変え、美しく切ないJINのピアノの旋律が響き渡る「VAMPIRE’S LOVE」へ。熱唱するHYDEが鮮烈な印象を残し、「“死”は永遠のファンタジーという考え方もできる」とインタビューで語っていたHYDEワールドに耽溺。「GHOST」では天からの光を思わせる映像がこの曲の幻想的な世界観を増幅させた。

「ツアーファイナルへようこそ! よく集まったね。写真撮ってもいいけど、ちゃんと男前に撮ってくれる?」と沸かせたHYDEが笑顔を見せる。「『BLOODSUCKERS』っていうアルバムはただの招待状なんですよ。みんながここに集まってやっと完成するんです。もう十分、『BLOODSUCKERS』が身体に馴染んだでしょ? 身体の奥まで入った?」と問いかけ、「染み込んだ!!」と大声で返す客席にセクシーな吐息でお返し。「お互いにこれまでの成果を発揮しようぜ! 今夜はやりまくろうぜ! すげえところに行きてえな。連れていってくれ! 連れてけ! 一緒に行こうぜ! BLOODSUCKERS! Are You Fuckin’ Ready!?」

HYDEの官能的で野生的な煽りを引き継ぐように、後半戦はイントロのツインギターによる絡みが最強の「AHEAD」へ。ギターを弾きながら歌うHYDEはピックを客席へ放り、投げキッス。オーディエンスの振るタオルが宙高く投げられた「ANGEL TRIP」、ARIMATSUのドラムソロとJu-kenのベースソロがイントロでフィーチャーされた「LOVE ADDICT」ではもはや熱狂の渦状態だ。スクリーンにはアルバムのジャケットでおなじみのワイルド&セクシーな女性ヴァンパイアが大写しになり、「もっと火を点けてくれよ。もっと悪いコになろうぜ!」と叫ぶHYDE。

ステージとフロアが入り乱れるクレイジーなナンバー「BLOODSUCKERS」では巨大な女性ヴァンパイアの瞳が客席を見渡すように動き、目からはレーザー光線が口からはスモークが飛び出すといった、楽し過ぎる演出も。本編ラストを飾った「MIDNIGHT CELEBRATION」ではスクリーンから火花が散り、仕掛けが徐々に破壊されていく呆然唖然のエンディングとなった。会場の広さを微塵も感じさせない熱くて臨場感あふれるライヴと、視覚的な刺激をふんだんに取り入れたショーの融合も見事。先日のインタビューでHYDEが語っていたが、ステージが大きく迫り出し、その両サイドにも客席を設けたアリーナはライヴハウス的な近さが感じられるスペース。一方の1階や2階スタンドは、ステージ下まで伸びるスロープ状の巨大LEDスクリーンの映像や演出が隅々まで堪能できるスペースとなっていた。

もちろん、まだまだお楽しみは終わりではない。インターバルを挟んでの再登場はサプライズから。アリーナ客席後方より、K.A.Zが運転するVAMPS仕様のワイルドなカスタマイズドカーに乗ってHYDEが登場。アリーナ外周を廻りながらCO2を大噴射するなど、場内が騒然となった。大盛り上がりの中、ステージにK.A.Zとメンバーがスタンバイし、「THE JOLLY ROGER」が始まるとHYDEはそのまま走りながら歌うという、これまた心ニクいステージングで会場を沸きに沸かせた。

その後のMCで感謝の言葉を伝えたK.A.Zは、アメリカで過ごした日々を振り返り、HYDEも感無量の表情を見せた。

「バスでアメリカをずっと横断していたんですけど、1日の移動距離が北海道から九州までぐらいの行程が何ヶ所かあって、バスの中は男だけ。学生寮みたいだった。でも、メンバーといろいろな話をして、ときにはぶつかったりとか、すごく良いものを持って帰ってこられたと思っています。どんどん成長して、これからもっといいバンドになって。こうやってみんなとまた一緒に遊んだりできたらいいなと思ってます。残り少ないけど思いきりはじけてね」──K.A.Z

「ここまで『BLOODSUCKERS』を楽しんでもらえたら、アルバムも浮かばれると思います。作って良かった! 海外ではほとんどファンがいないときもあるけれど、そういうときにもキミたちの力が活かされています。日本のBLOODSUCKERSに恥をかかせてはいけないと思うので。だからこそ僕たちは戦えるし、成長できると思います。また喉が乾いたときには輸血させてください」──HYDE

「ちょっと灯りをともしてもらっていいかな」というHYDEの問いかけでみんなが携帯のライトをつけ、ツアーの終焉にふさわしい美しい景色が広がった「INSIDE MYSELF」。続いて、「DEVIL SIDE」「SEX BLOOD ROCK N’ ROLL」で暴れ倒し、ファイナル公演は会場全体が楽しみ尽くしてラストシーンを迎えた。

「どうもありがとう! 次に会えるときまで首洗って待ってろよ」と言い残してステージを去ったHYDE。籠城型ライヴハウスツアー、<VAMPARK FEST>や海外ツアーを間に挟んで行われたアリーナツアーなど、半年にわたる長い旅を経てVAMPSが得たものは、なにものにも代えがたい大きな可能性だろう。

そして、終演後のスクリーンにはVAMPS恒例の真夏の野外イベント<BEAST PARTY>が2015年8月22日および23日に幕張海浜公園内特設ビーチステージで開催されることが発表された。この待望のニュースに、会場は再び大歓声で揺れに揺れた。

取材・文◎山本弘子 撮影◎岡田貴之/今元秀明/田中和子

■アリーナツアー<VAMPS LIVE 2015“BLOODSUCKERS”>
2015年5月31日(日)@さいたまスーパーアリーナ

SE.REINCARNATION
01.ZERO
02.LIPS
03.REDRUM
04.REVOLUTION II
05.REPLAY
06.GET AWAY
07.DAMNED
08.EVIL
09.VAMPIRE'S LOVE
10.GHOST
11.AHEAD
12.ANGEL TRIP
13.LOVE ADDICT
14.BLOODSUCKERS
15.MIDNIGHT CELEBRATION
16.THE JOLLY ROGER
17.INSIDE MYSELF
18.DEVIL SIDE
19.SEX BLOOD ROCK N' ROLL

■<VAMPS LIVE 2015 BEAST PARTY>

2015年8月22日(土)幕張海浜公園内特設ビーチステージ
2015年8月23日(日)幕張海浜公園内特設ビーチステージ
開場16:00 開演17:30 終演:20:30予定
※休憩エリア10:00〜22:00
【チケット】
席種:スタンディングブロック指定
前売り9,200円(税込) 当日9,700円(税込)
※6歳未満無料(チケットをお持ちの保護者1名につき同伴で1名まで)。6歳以上有料
一般発売:7月12日(日)AM10:00より。
【チケット先行販売】
・VAMPSオフィシャルFC“VAMPADDICT” 6月2日(火)〜6月7日(日)
・HYDEモバイルFC“HYDERoom” 6月8日(月)〜6月14日(日)
・プレイガイド最速 チケットぴあ 6月15日(月)〜6月21日(日)
・海外向け NEXUS チケットセンター 6月9日(火)〜 6月16日(火)
【フリーエリアについて】
フリーエリアは、有料の客席エリアの後方に設置予定です。
※フリーエリアは、どなたでも無料でご利用いただけますが、ご入場にあたっては『フリーエリア入場権』が必要です。
※『フリーエリア入場権』につきましては、公演チケット一般発売日(7月12日)以降に受付を行います。
※『フリーエリア入場権』は、応募者多数の場合は抽選となります。
※抽選結果は、公演の2週間前頃にお知らせいたします。
※フリーエリアはブロック指定です(お座席はございません)。また、整理番号順の入場です。
※フリーエリアは、ステージが見えづらかったり、演出が見えづらい可能性があります。
※『フリーエリア入場権』の受付詳細等については、後日ご案内いたします。
【オフィシャル宿泊プラン】
VAMPS LIVE 2015 BEAST PARTY の開催にあたり、品川・幕張エリアのオフィシャル宿泊プランをご用意いたします。
オフィシャル宿泊プランについてのコース詳細は、下記をご確認ください。
■品川 宿泊プラン*宿泊特典グッズ付き(1コースにつき1つ / 内容未定)
[1泊2日コース] おひとり様 \29,800
[2泊3日コース] おひとり様 \45,800〜\47,800
※品川エリア〜会場間のバス送迎が含まれます。
■幕張 宿泊プラン*宿泊特典グッズ付き(1コースにつき1つ / 内容未定)
[1泊2日コース] おひとり様 \18,300
[2泊3日コース] おひとり様 \29,800〜\39,200
※バス送迎はございませんので、各自公共交通機関にてご来場ください。
※いずれのコースも公演チケットは含まれません。別途ご購入が必要です。
なお、VAMPS オフィシャルファンクラブ「VAMPADDICT」にてオフィシャル宿泊プランの先行受付を行います。
先行受付で完売した場合には一般発売は行いません。あらかじめご了承ください。
先行受付日程や方法等の詳細は、後日、VAMPADDICT 会員限定ページにてご案内いたします。
また、当公演の専用駐車場はございません。ご来場の際は、公共交通機関及び近隣駐車場をご利用ください。

●<JAPAN NIGHT>ロンドン(イギリス)公演

2015年7月10日(金)
・出演:VAMPS、[Alexandros]、OKAMOTO'S
・会場:indigo at The O2
・開場 18:00 / 開演 19:00
Floor アリーナ(立ち見):£30.00
Kings Row スタンド前方席:£50.00
Balcony スタンド後方席:£30.00
Balcony Standing スタンド後方(立ち見):£25.00
[問] www.robomagiclive.com

2015年7月11日(土)
・出演:VAMPS、[Alexandros]、凛として時雨
・会場:indigo at The O2
・開場 18:00 / 開演 19:00
・Floor アリーナ(立ち見):£30.00
・Kings Row スタンド前方席:£50.00
・Balcony スタンド後方席:£30.00
・Balcony Standing スタンド後方(立ち見):£25.00
[問] www.robomagiclive.com

■WOWOW番組情報

BS192ch WOWOWライブにて
7月19日(日)22:00〜『VAMPS LIVE 2015 "BLOODSUCKERS"-FINAL-』
7月19日(日)24:00〜『MUSIC CLIP SELECTION』


■LIVE DVD & Blu-ray『VAMPS LIVE 2014-2015』

2015年6月24日(水)発売
【初回限定盤A: 1BD + ブックレット】デジパック仕様 UIXV-90005 \7,500(税抜)+税
【初回限定盤B: 2DVD + ブックレット】デジパック仕様 UIBV-90005/6 \6,400(税抜)+税
【通常盤A: 1BD + ブックレット + ステッカー】通常アマレイ仕様 UIXV-10006 \5,500(税抜)+税
【通常盤B: 1DVD + ブックレット + ステッカー】通常アマレイ仕様 UICV-10015 \4,500(税抜)+税
【UNIVERSAL MUSIC STORE限定:1BD(通常盤A) + グッズ(クラッチバッグ、Tシャツ、ハンドタオル)付】VAMPSトレーラースペシャルBOX仕様 PDXV-1901 \11,000(税抜)+税
http://store.universal-music.co.jp/fs/artist/pdxv1901
<収録内容>※いずれの商品も、収録されるライヴ映像は同一のものです。
1.MIDNIGHT CELEBRATION
2.LIPS
3.LIVE WIRE
4.THE PAST
5.GET AWAY
6.DAMNED
7.EVIL
8.VAMPIRE’S LOVE
9.GHOST
10.ZERO
11.AHEAD
12.ANGEL TRIP
13.THE JOLLY ROGER
14.BLOODSUCKERS
15.KYUKETSU -SATSUGAI VAMPS Ver.-
16.DEVIL SIDE
17.SWEET DREAMS
18.LOVE ADDICT
19.SEX BLOOD ROCK N’ ROLL

※初回限定盤と通常盤に付属するブックレットの内容は異なります。
※初回限定盤A、Bには、福岡-名古屋-札幌-大阪-東京の5都市、約3ヶ月間に渡るツアー・ドキュメンタリーを収録!
※通常盤A、Bには、通常盤にしか収録されない、スペシャル映像を収録!

【今作も抽選で豪華プレゼントが当たる!”VAMPS CHANCE”実施決定】
VAMPSとの特別企画や豪華商品などがその場で当たる購入者特典あり!  各商品別に1枚のVAMPS CHANCE応募シリアルナンバーを封入。特設サイトに携帯・スマホで今すぐアクセス!コースを選んでクジ引きに挑戦!結果はその場でわかります! 詳細は決まり次第ご案内します。
【購入者特典】
■ユニバーサルミュージックストアで、初回限定盤A/通常盤A/初回限定盤B/通常盤Bの中から2形態同時購入で、もう1枚VAMPS CHANCEのシリアルナンバーをプレゼント!
■ユニバーサルミュージックストア、全国のCDショップおよびウェブサイト:A2サイズポスター A柄
※一部対象外の店舗、サイトがございますので、特典の有無はお求めの店舗にご確認ください。
■VAMPROSE STORE A2サイズポスター B柄

◆VAMPS LIVE 2015 BEAST PARTY 特設サイト
◆VAMPS オフィシャルサイト
◆VAMPS レーベルサイト
◆VAMPS オフィシャルFacebook
◆VAMPS オフィシャルTwitter
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報