Astell&Kern AK380、初回特典にTECHNOBOYSの384kHz/32bit未発表音源

ツイート

Astell&Kern(アステルアンドケルン)より2015年7月10日(金)に発売となる超弩級オーディオプレイヤーAK380の初回特典として、TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDの未発表曲となる「Highway Boy」の384kHz/32bit音源、及び192kHz/24bit音源がプリインストールされたmicro-SDカードが、プレゼントされることが発表された。

384kHz/32bitのネイティブ再生を実現したAK380でこその、魅力的な音源だ。TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDロゴ入りスペシャルフォルダー付属のmicroSDカードで、中にはTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND「Highway Boy(未発表曲)」新録音 384kHz/32bit音源、
及び192kHz/24bit音源、lyricsカード(pdfデータ)がインストールされている。プレゼントは景品がなくなり次第終了となるので、お早めのチェックを。


「ボーカルとギターの収録に一部24bit/48kHzのパートがあるものの、アナログシンセサイザーや生演奏によるドラムの収録、そしてマスターミックス作成までを含むすべての作業を32bit floating/192kHzで敢行。さらにS/N比に影響を与えるアナログ処理を一切排除したフルデジタル環境下で、整数32bit、196dBの広大なダイナミックレンジをフルに活かしたマスタリング処理を行い32bit integer/384kHzにてレンダリングを行いました。」──佐藤純之介(アイウイル・サウンドプロデューサー)

●プリインストール曲「Highway Boy」概要


TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND are music, lyrics and arrange
・Tohru Fujimura:Victory Bass & Oberheim SEM Program
・Tomohisa Ishikawa:Kurzweil 250, Oberheim SEM rack, Doepfer MS-404, Sequential Circuits Prophet 5, Drumtracks Program
・Yohei Matsui:Noise & Oberheim SEM Program
・Kenji Yoshiura:Drums
・Akio Fujihara:Vocal & Guitar solo
・Katsuhiro Kawano:Steinberger's Guitar
・Junnoske Sato:Mix & Mastering

●TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDプロフィール


2005年、仏の映像会社『Le Pivot』のPV曲Remix。'06年に1stAL『music laundering』を発表。'07年、細野晴臣氏が音楽監修をした映画『EX MACHINA APPLESEED SAGA』へ楽曲を提供。'14年にはTVアニメ『ウィッチクラフトワークス』『トリニティセブン』の劇伴とED楽曲を担当、『ウィッチ ☆アクティビティ』『BEAUTIFUL≒SENTENCE』等のスマッシュヒットを送り出し、AL『good night citizen』『WITCH CRAFT WORKS』『TRINITY SEVEN:MAGUS MUSIC ARCHIVE』を発表。 また世界初となるDSD256ネイティブでのマルチトラック録音による作品を立て続けに制作する。
この記事をツイート

この記事の関連情報