【機材レポート】B'z、サポートベースBarry Sparksサウンドシステム

ツイート


B'zが7月26日(日)、ナゴヤドームにて全国ツアー<B’z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT->のファイナル公演を開催した。先ごろ公開した速報レポート、詳細レポートに続いて、ステージ上にセットされていたサポートベースのバリー・スパークス機材システムの全貌をお届けしたい。

◆B’z 画像

【Barry Sparks──BASS】

▲<ESP Barry Sparks Signature SERENA Bass>
メインベースはESP製のシグネイチャーモデル。バリーの実兄が製作したオリジナルベースとESP Phoenixベースを基にカスタムメイドしたものだ。ボディー構造はメイプルネックをマホガニーボディで挟み込んだスルーネック。指板はエボニーで、21フレット仕様となっている。ピックアップにはセイモアダンカン製SJB-2を2基搭載したほか、ESP製アクティヴサーキットCINNAMONを内蔵。コントロールは1ボリューム、2トーン、アクティヴ/パッシヴの切替スイッチを装備している。


▲BASS RACK
写真手前から「アマリニモ」「Black Coffee」「熱き鼓動の果て」などで使用したESP製5弦オリジナルベース。このベースはメインを土台としているが、ボディーがフレイムメイプルトップ+マホガニーバックのセットネックという点で構造が異なる。ピックアップにはDuncan SJ5を搭載。ブルーにホワイストライプが入った4弦ベースはメインと同仕様のオリジナルモデル。一番奥はESP製Phoenix-IIBをバリー用にカスタムしたモデル。ボディー構造はメイン同様。ミドルにJBのピックアップを増設したモデルでコントロールは3ボリューム。


▲AMPLIFIER
ラック上から、サンズアンプのラックマウント型プリアンプDIボックスRBI、シュアーのワイヤレス受信機UR4D、アバロンデザインのDIプリアンプU5、アンプはギャリエンクルーガーの800RB。


▲SPEAKER
スピーカーキャビネットはFAT製。上段にはセレッション製DL10-200X、下段にはエミネンス製のスピーカーを搭載。下のエフェクターはミュートのためのAB BOX。


▲EFFECTOR
アンプ上部にセットされたエフェクターは、MXRのフェイズ100、FAT314.C(コーラス)。


▲FOOT PEDAL
バリーのステージ足下にはコルグのチューナーDT-10とボスのオクターブOC-2をセット。


▲PICK
ほぼ全曲を指弾きで通すバリーだが、本人の気分によってはピックを使用することも。ティアドロップ型のピックはバリーのオリジナル。

取材・文◎BARKS 撮影◎アラキシン

◆【増田隆宣機材レポート】へ
◆【Shane Gaalaas機材レポート】へ
◆【B'z詳細ライヴレポート】へ
◆【松本孝弘機材レポート】へ
◆【稲葉浩志機材レポート】へ
◆【大賀好修機材レポート】へ
◆【Shane Gaalaasプレゼントページへ】へ

◆『EPIC DAY』特設サイト
◆B'z LIVE-GYM 特設サイト
◆B'z オフィシャルサイト
◆B'z オフィシャルYouTubeチャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報