【機材レポート】B'z、サポートドラムShane Gaalaasサウンドシステム

ツイート


B'zが7月26日(日)、ナゴヤドームにて全国ツアー<B’z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT->のファイナル公演を開催した。先ごろ公開した速報レポート、詳細レポートに続いて、ステージ上にセットされていたサポートドラマーのシェーン・ガラス機材システムの全貌をお届けしたい。

◆B’z 画像

【Shane Gaalaas──DRUMS】

▲PEARL Masterworks(アクリルシェル)
ドラムセットはPEARL製マスターワークス。マスターワークス仕様にて仕上げたアクリルシェルは、倍音が少なくタイトでソリッドなサウンドが特徴だ。1バス(22"x17")、1タム(12"x7")、2フロア(16"x13"、18"x15")を基本に、2つのロートタム(8"、10")と、ハイハット下にフロア(14"x11")を追加した独特のセッティング。クラッシックラグ、ファットトーンフープなどシェーン自身がこだわってチョイスしたパーツを採用。今回はドラムの深さもこだわり、前回使用していたリファレンスPUREよりも1インチ浅くしているのも特徴のひとつ。これは普及品のアクリルでは上記のようなカスタムはできず、マスターワークスならではの仕上げとなる。なお、ハードウエアはサイドにラックを活用し、下からスタンドが生えているような演出も。


▲CYMBAL
シンバル類はすべてジルジャン製。左からAカスタムのプロジェクションクラッシュ(19")、Kジルジャンのライトハイハットトップ(15")とZ3のハイハットボトム(15")、Aカスタムのプロジェクションクラッシュ(19")、Z3のライド(22")、Aカスタムのプロジェクションクラッシュ(19")、Gen16 AE 18クラッシュライド(トップ)とAカスタム18チャイナ(ボトム)、Kカスタム9ハイブリッドスプラッシュ(トップ)とA 20クラッシュライド(ボトム)。


▲SNARE+STICK
スネアはシェーンガラスのシグネチャースネアPearl製SG1460(14"×6")。ブライトなサウンドが特徴の1mm厚のブラスシェルにセンタービード加工、ブラックニッケルメッキを施したモデル。マスターキャスト(ダイカスト)フープ、チューブラグ、“C”タイプスナッピー、耐久性の優れたREMO エンペラーXを採用。スティックはVIC FIRTH製シェーン・ガラス・モデル。材質はヒッコリー。サイズは太さ15.1mm、長さ413mm。


▲PEDAL+THRONE
バスドラ用のペダルはdw製のアクセレレーターツインペダル5002AD3。ハイハットペダルはパール製H-2000。ドラムスローンはBC Gigster。リズムを体感しながらモニタリングできる優れもの。

取材・文◎BARKS 撮影◎アラキシン

◆【B'z詳細ライヴレポート】へ
◆【松本孝弘機材レポート】へ
◆【稲葉浩志機材レポート】へ
◆【大賀好修機材レポート】へ
◆【Barry Sparks機材レポート】へ
◆【増田隆宣機材レポート】へ
◆【Shane Gaalaasプレゼントページへ】へ

◆『EPIC DAY』特設サイト
◆B'z LIVE-GYM 特設サイト
◆B'z オフィシャルサイト
◆B'z オフィシャルYouTubeチャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報