『NHK紅白歌合戦』初出場の大原櫻子「実は今朝、出演の決定を聞いて、まだ実感がないです。」

twitterツイート

『第66回 NHK紅白歌合戦』の出場歌手が11月26日に同局にて発表され、記者会見には大原櫻子ら10組の初出場歌手のうち7組が出席した。

◆大原櫻子『第66回 NHK紅白歌合戦』記者会見 画像

「はじめまして、大原櫻子です。こんなにたくさんの記者の方々に囲まれるのが初めてで……会見だけで緊張しているので、本番はどうなってしまうんだろうと思うんですけど。」と、少し緊張した面持ちの大原。「毎年、家族や友達と、汗をかくように“どっちが勝つんだ!?”と話しながら見ていた番組です。実は今朝、出演の決定を聞いて、まだ実感がないです。実感が沸いてないんですけど、今こういう状況で。多くの国民の方が見る番組ということで、緊張すると思うのですが、一生懸命、楽しく歌えればいいなと思います。」と意気込みを語った。

また初出場の喜びはまず家族に伝えたそうで、「メールでやりとりしていたんですが、“おめでとう”って言ってくれました。」とのこと。さらにこれまで観ていた『紅白』で思い出に残っているシーンを訊かれると、「絢香さんが活動を休止される前に『みんな空の下』という歌を歌ってらっしゃって、それにとても感動しまして、絢香さんにファンレターを送りました。音楽に心を動かされた、私が音楽活動をするきっかけになりました。」と、2009年『第60回NHK紅白歌合戦』での絢香のパフォーマンスを挙げた。

総勢51組が出場する『第66回 NHK紅白歌合戦』は、12月31日19時15分からNHK総合 / ラジオ第1にて放送される。

twitterこの記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス