MAX、ルームがギッシリ埋まり熱気に満ちて大盛り上がりのカラオケパーティー

ツイート
2月27日(土)東京・品川のビッグエコー品川港南口駅前店にて「MAX×DAMコラボキャンペーン カラオケパーティー」が行われ、MAXが集まった大勢のファンと一緒にカラオケで大いに盛り上がった。


このイベントは、MAXとカラオケDAMのコラボ企画として、カラオケDAMで課題曲「Mi Mi Mi」「一緒に」「Ride on time」を歌い応募して抽選で選ばれた方が参加して行われたもの。MAXと間近でカラオケを楽しめるイベントとあって、応募総数はなんと約1000人あったとのこと。MAX20 周年ライヴのタオルを肩にかけたファンや小さいお子さん連れのファンなど、当選した幸運な28名の参加者で広いカラオケルームがギッシリ埋まり熱気に満ちていた。開始時間になり、司会者に呼び込まれてMAXのメンバーがカラオケルームに姿を現わすと、「きゃ~!!」と悲鳴のようなものすごい歓声と拍手で迎えられた。3人が揃うと、参加者に向けてご挨拶。


LINAが「こんにちは!今日はお越しいただいてありがとうございます!こんな機会はなかなかないので、私もみなさんと素敵な時間を楽しめたらなと思っているので、みなさんも楽しんでください!」とコメントすると、続いてMINAが部屋を見渡して「なんか、みんなのテンションに押しつぶされそう(笑)。短い時間ですけど、楽しみましょうね!」と言うと、手拍子で煽る参加者たち。最初からアゲアゲなテンションにメンバーも大ウケの様子。NANAは「みんな元気ですか~!今日はみんながたくさんMAXの歌を歌って応募してくれたということで、ありがとうございます。いつものライヴとは違うアットホームな雰囲気で、私たちも20年やってきてはじめてこんな近くでみなさんと触れ合うことができるので、今日はざっくばらんな雰囲気で楽しんでいきましょう!」と挨拶して大きな拍手が送られた。まずは2015年にリリースしたベストアルバム『MAXIMUM PERFECT BEST』から「Mi Mi Mi」をMAXが歌ってイベントがスタート。手拍子しながら一緒に口ずさむ参加者たち。間奏では「HEYHEY!」とばかりコールを入れてさらに盛り上がる。ライヴさながらに間近で歌うMAXに「信じられない…」と感激しているファンの姿も見られた。


歌い終わると、ファンからの質問コーナーへ。「日本国内で今までライヴやイベントで行った思い出の場所はどこですか?」という質問にはLINAが「最近だとライヴで行った石川県の金沢ですね。お鮨が回転すしでも美味しいって聞いてみんなで駅ビルの中の回転すしに行ったんですけど、東京の銀座クラスに美味しかったです。特にのどぐろが美味しかった!」とお気に入りの様子。MINAは「ずっと言い続けているけど、沖縄は印象に残っています。行きたいよね~沖縄。行ったら来てくれる!?」という呼びかけには参加者全員が「行くー!!」と即答。「それから、京都もちゃんとしっかり観光したい」とのこと。NANAは「ライヴで四国に行ったときに船で移動したことがあって、船の中でみんなで揺れながら踊ったらどうなるか?ってダンサーのみんなと合わせたりして気持ち悪くなりながらも踊ったこと(笑)」と笑わせた。

続いて、「コラボしてみたい人やグループはいますか?」という男性からの質問には、NANAの「クレイジーケンバンドさんですね。かっこいい大人な感じがMAXと合う気がする。楽曲もすごく好きなので」という回答に「おお~」と驚きの声が上がった。LINAは「意外なところで、谷村新司さん」と答えると、さらなる驚きの声が。以前、番組で一緒になったときに高いヒールを履いていたところ、ステージ袖が真っ暗で階段を下りるところで「どうぞ」と手を差し伸べてくれたとのことで、「あの温かみでデュエットしたら私溶けちゃうかも(笑)」とコメントした。「休みは何をしてますか?」という質問では、MINAが「朝は6時半に起きて、ご飯を作って、洗濯して掃除して、お昼寝して夜は12時くらいに寝る」とリアルな一日の休日の生活を回答。NANAは「お休みの日は、午前中はずっと寝てる(笑)。起きてからHDDに溜まっているものを観て、今日こそ料理作るぞ!って本とかネットとか見て、買い物に2時間かけて(笑)。これ作ってブログに載せたらみんなビックリするかな!?って、ブログを書いて終わる。プライベートは本当にゆっくりしているかなあ」。LINAは「買い物に行ったり、ジムに行ったり、最近は手作りのものにハマっていて、お酒も手作りでサングリアとか作ってる」とのこと。自由気ままにその時の気分でその時の休日を過ごしているようだ。普段聞くことのないプライベートなトークにみんな興味津々だった。


次のコーナーではリクエストで募ったMAXに歌ってもらいたい曲の中から、倖田來未のカバー「キューティーハニー」を披露。振り付きで歌うMAXに再び手拍子と歓声で盛り上がり、3人が順番に歌いながら「ハニーフラッシュ!」とポーズをキメた。曲が終わると、MAXからの豪華プレゼントが当たるじゃんけん大会へ。「ここは“Tacataじゃんけん”でやりましょう!」とのメンバーからの提案でヒット曲「Tacata'」を取り入れたじゃんけんをすることに。全員が立ち上がり、「最初はTacata!じゃんけんぽん!」と始まると、参加者の本気のじゃんけんで熱気が溢れる勝負が繰り広げられた。3回のじゃんけん中、2回で同じ女性が最後まで勝ち残るという奇跡が起こり「こんなことってあるんだね、すごいね!」とメンバーも驚いていた。勝ち残った参加者には「直筆サイン入りライジングフェス限定タオル」がプレゼントされ、Tacataじゃんけんは大いに盛り上がった。



そして最後のカラオケは「応募された方から投票がとても多かった曲」として「Ride on time」をMAXが歌うと共に、参加者全員がマイクリレーして一緒に歌って、この日一番の盛り上がりに。MAXの大ヒット曲をこんなに間近で、しかも一緒にカラオケで歌えるなんてすごいことだ。メンバーの3人も思いっきり楽しんでいる様子で、「せ~のっ!」と煽り、サビはみんなで大合唱!みんなで左右に手を振りながら歌い盛り上がった。歌い終わり司会者から「ここで残念ながらお時間なんです」とイベントの終わりが告げられると、参加者からは一斉に「アンコール!アンコール!」の声が。すると、カラオケの画面には何やら曲の表示が。見ると、「HAPPY BIRTHDAY」の文字と共に曲が流れだし、サプライズでバースデーケーキが登場。そう、この前日の2月26日はLINAのバースデーだったのだ。「HAPPY BIRTHDAY Dearりっちゃん!」とNANA、MINA、参加者全員でバースデーソングを大合唱。NANAが持ったケーキのロウソクを吹き消すと、大きな拍手が贈られた。「ありがとうございます、胸いっぱいです!こうやって誕生日をみんなと過ごせることはなかなかないので、本当に今年は幸せな年になりそうです!」と感謝した。そして、ケーキを持ったLINAを囲んでメンバー、参加者全員と記念撮影を行うと、最後はそれぞれが一言ずつ挨拶。


「短い時間でしたが、本当に貴重な体験ができて楽しかったです。またこういう会が持てるように、21周年に向けて走り出しますので、これからもみなさんよろしくお願いします」(MINA)

「今日は遠いところからわざわざ来ている人もいらっしゃると聞きました。そして誕生日も一緒お祝いできて、私にとってすごく特別な日になりました。これからもまたがんばって行くので応援よろしくお願いします」(LINA)

「まだ時間が足りないくらい、もっともっとみんなと一緒にカラオケで楽しみたいくらい時間が過ぎてしまったんですけど、20年続けていてまたこうして遠くからも会いにきてくれるというのは本当に嬉しいので、これからもこういう機会を増やしてみんなと楽しみたいと思うので、そのときはまた遊びに来てください」(NANA)

改めてメンバーの3人から「みんな今日はありがとう~!」と感謝の言葉が送られ、じゃんけん大会あり、サプライズありで大いに盛り上がったカラオケパーティーは終了した。

◆MAXへのミニ・インタビュー
この記事をツイート

この記事の関連情報