【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>MONOEYES、「今日は曲、いっぱいやりたいんで」

ツイート


『スター・ウォーズ』のテーマが鳴り響く中、ステージに出てきた4人を、会場を埋め尽くした観客が手を挙げ、歓迎すると、「<SATANIC CARNIVAL>、呼んでくれてありがとう。いっちょ行こうか!」という細美武士(Vo&G)の掛け声で演奏はスタートした。

◆MONOEYES 画像

1曲目は爽やかなギター・ロックがサビでツービートにテンポアップしてメロコア風になる「When I Was A King」。観客が手拍子で応えると、ギターをかき鳴らしながら頭を前後に振る戸高賢史(G)とくるくるくる回転しながらベースを唸らせるスコット・マーフィー(B&Cho)が早速、激しいアクションを見せ、ライヴの流れを一気に加速させる。ステージ前では血気盛んなファンが早速、クラウドサーフィンで盛り上がりはじめた。



眩いライトがステージを浮かび上がらせた「My Instant Song」、女の子達が体を横に揺らしながら曲に聴きいっていたその「My Instant Song」から一転、テンポアップした「Like We’ve Never Lost」では観客の気持ちをさらに煽るようにライトがビカビカビカと激しく点滅する。序盤の3曲でいきなり、そんなドラマチックな光景を見せると、「今日は曲、いっぱいやりたいんで、MCの時間があまりないです」と細美が宣言。細美ら4人が心底、このバンドを楽しんでいることがわかるユーモア満点のMCもMONOEYESのライヴの見どころと考えているファンはちょっとがっかりだったかもしれないけど、MCがほとんどなかったぶん、MONOEYESというバンドが持っている音楽性のユニークさを堪能できたと思う。

根っこにパンクを持っていると思わせる一方で、パンクの一言には収まりきらないとも思わせる曲の数々を聴きながら、それはやはり幅広いプレイで多彩なフレーズを奏でる戸高、ベースに加えハーモニーもばっちりキメるスコット、そしてタイトかつジャストなドラムで演奏の屋台骨を支える一瀬正和(Dr)、細美の歌を支えながら演奏そのものも聴きどころとして聴かせるメンバーによるところも大きいと改めて実感。思わず、いいメンバーが揃っているなぁと嘆息。いいメンバーを集めることもミュージシャンの一つの才能だ。



スコットが以前やっていたバンド、ALLSITERの曲ながら、今やMONOEYESのレパトリーと言ってもいいほど、ファンにはお馴染みの「Somewhere On Fullerton」(リード・ヴォーカルはもちろんスコットだ)から始まった中盤のセットでは幅広い魅力を印象つけた序盤から一転、パンキッシュな曲をたたみかけ、暴れたくてウズウズしているファンの気持ちに火をつける。気づけば、いつの間にかステージとPAブースの真ん中ら辺にサークルピットができあがっていた。



「今年、予定通りに行けば、MONOEYESで新曲を出します」とファンに報告した細美は続けて、「最高の休日だな!」と快哉を叫ぶと、ラストスパートをかける。グランジーなサウンドと爽やかなメロディーの組み合わせが意表を突く「Run Run」、明るい曲調と日本語の歌詞が鮮烈な印象を残す「グラニート」をたたみかけると、ファンはサークルピットに参加したり、手を振ったり、飛び跳ねたり、思い思いの楽しみ方で完全燃焼。


すると、細美は「まだ時間あるって言うから、あと1曲だけやります!」とこの日のライヴの感動をより深いものにするように、じっくりと聴かせる「Remember Me」をファンにプレゼントした。大喜びしながらハイタッチを交わすファンの姿が印象的だった。

取材・文◎山口智男
撮影◎Yuji “本田本” Honda

【MONOEYES セットリスト】

1.When I Was A King
2.My Instant Song
3.Like We've Never Lost
4.Somewhere On Fullerton
5.明日公園で
6.End Of The Story
7.Run Run
8.グラニート
9.Remember Me

■<SATANIC CARNIVAL'16>

2016年6月4日(土)幕張メッセ国際展示場9-11ホール
<出演者ラインナップ>
【SATAN STAGE】
10-FEET
Crossfaith
dustbox
HEY-SMITH
Ken Yokoyama
MAN WITH A MISSION
MONOEYES
SiM
WANIMA

【EVIL STAGE】
04 Limited Sazabys
ATATA
The BONEZ
Crystal Lake
Dizzy Sunfist
G-FREAK FACTORY
ジャパハリネット
NAMBA69
SHANK
TOTALFAT
[O.A.] bacho

チケット料金:¥8,500

この記事をツイート

この記事の関連情報