新iOSの絵文字にデヴィッド・ボウイ(アラジン・セイン)登場

ツイート

Appleが今週、iOS 10.2の開発者向けプレビューを公開。それによると、新iOSの絵文字にデヴィッド・ボウイのペルソナの1つ、アラジン・セインにインスパイアされたらしきアイコンが登場するそうだ。

◆アラジン・セイン画像

『Aladdin Sane』(1973年)のジャケ写そのものではないし、ボウイには全く似ていないが、あの稲妻メイクアップをほどこしマイクの前に立つ顔キャラ2種類が新しく加わったという。

Emojipediaによると、新iOSにはこのほか、肩をすくめるポーズ、人差し指と中指を交差した“幸運を祈る”ジェスチャー、セルフィー・ポーズ、女性の消防士、ゴリラ、キツネ、アボカドなど様々なジャンルから72の新絵文字が追加されているそうだ。

アラジン・セイン風の絵文字は、職業のカテゴリーに登場しており、シンガーを象徴したものだと考えられる。

iOS 10.2の一般リリース日はまだ明かされていないが、年内と考えられている。


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス