VAMPSが11月6日より、北米ヘッドラインツアー<VAMPS North American Tour 2016 With Special guest Citizen Zero>を開催中だ。同公演は2015年10月の中南米/アメリカ西海岸ツアー以来約1年ぶり、6回目の北米ツアーとなるもの。デトロイト出身ポストグランジの4人組CITIZEN ZEROをスペシャルゲストに迎え、初日となるサンフランシスコ公演から11月15日のシカゴ公演まで、アメリカ、カナダ、メキシコを廻る全6公演の規模で行われている。

◆VAMPS 画像

BARKSでは<HALLOWEEN PARTY 2016>の余韻覚めやらぬ渡米直前、HYDEに独占インタビューを行なった。同ツアーの意図や海外ツアー中の過ごし方、各公演都市の印象など、全6回の連載インタビュー特集としてお届けしたい。その第4回目はトロント。L'Arc〜en〜Cielとしても訪れたことがあるというカナダを語る。

   ◆   ◆   ◆

■田舎っぽさもあって
■カワイイし綺麗

──カナダでライヴをやるのは今回の<北米ツアー>が初めてだそうですね。

HYDE:あ、カナダでやるんだ。「SIXX:A.M.とやった時のツアーをなぞる感じ」って聞いてたから、てっきりカナダは入ってないもんだと思ってた(笑)。カナダね! いいじゃないですか。“♪ラ~ブレターフローム、カ、ナ~ダ~もしもあなたが~一緒にいた~ら~どんなに楽っしい旅でっしょお~”(と、いきなり歌い出す)。カナダの人に聞いたら、この曲(「カナダからの手紙」)、案外みんな知らないんですよね。

──そうでしょうね(笑)。

HYDE:いや、カナダに住んでる日本人にですよ? 「やっぱりあの曲を聴いたからカナダに住んでるんですか?」って聞いたら「実はカナダにいる日本人ってその曲を知らないんですよ」って言ってました。

──それ、本気の質問じゃないですよね(笑)。

HYDE:まぁ、半分本気半分冗談です(笑)。

──よかった(笑)。カナダ自体には行ったことはあるんですか?

HYDE:ありますね、何回か。前にオリンピックを見に行きました。ちょうどL'Arc〜en〜CielがNHKのオリンピックのテーマソング(「BLESS」/2010年『NHKバンクーバーオリンピック/パラリンピック』テーマソング)を担当してたんですよ。その時にも。

──その時に出会われたカナダの方たちが親切だったとか。

HYDE:というか、住みやすい都市ランキングとかでよくカナダが上位にあがってるでしょ? それに僕、カナダの街並みが好きなんです。田舎っぽさもあって、カワイイし綺麗だし。きっといい街なんだろうなって思いますね。

──セリーヌ・ディオンとかニール・ヤングとかアーケイド・ファイアとかブライアン・アダムスとか、カナダは多くのミュージシャンを生んだ音楽大国ですし、フランス語圏があったりもするので、アメリカ本土よりはライヴもやりやすいのかなと思うんですけどね。

HYDE:まぁでも、アメリカ寄りなんじゃないかなっていう気はするけどね。でも、人が優しそうなイメージ、カナダって。

──確かカナディアンポークも美味しいんですよね。あとシャケとか。

HYDE:へぇ~。豚肉は食べますよ。好きです。じゃあ、トロントで豚食べます。トロントで豚とシャケ、食べましょう(笑)。

──カナダもバス移動なんですか?

HYDE:バス、です!(←韻を踏んだ口調で)。

取材・文◎早川加奈子


■<VAMPS North American Tour 2016 With Special guest Citizen Zero>

11/06 (Sun) San Francisco, CA Social Hall SF
11/07 (Mon) Los Angeles, CA El Rey Theater
11/10 (Thu) Mexico City, Mexico Teatro Metropolitan
11/13 (Sun) New York, NY Irving Plaza
11/14 (Mon) Toronto, ON Lee's Palace
11/15 (Tue) Chicago, IL Bottom Lounge

◆VAMPS オフィシャルサイト
◆VAMPS レーベルサイト
◆VAMPS オフィシャルFacebook
◆VAMPS オフィシャルTwitter