矢野顕子、最新技術で甦った「SUPER FOLK SONG」MVが期間限定公開

ツイート

1992年に制作された矢野顕子「SUPER FOLK SONG」のミュージックビデオが、最新技術で修復処理を施したレストア版として公開されている。

◆矢野顕子『SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。 ~』画像

日本のミュージックビデオ黎明期を支えた存在である故・坂西伊作が監督を務めた本ビデオは、アルバム『SUPER FOLK SONG』のレコーディングの模様を追ったドキュメンタリーフィルム『SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。~』からピックアップされた作品だ。ピアノ弾き語りの一発録りに挑む矢野の手元や表情の変化をつぶさに捉え、緊張感に満ちたアルバムレコーディングの様子を垣間見ることができる貴重な映像となっている。

今回の「SUPER FOLK SONG」レストア版ミュージックビデオは、GYAO!にて本日1月5日(木)より5日間の期間限定公開となる。また、映画『SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。 ~』は最新のデジタルリマスター処理による[2017デジタル・リマスター版]として、1月6日(金)より全国の劇場にて公開される。

■矢野顕子「SUPER FOLK SONG」ミュージックビデオ
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00100/v10740/v0993900000000548519/
※公開期間:1月5日(木)~1月10日(火)23時59分

(C)映画『SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。 ~』[2017デジタル・リマスター版]

矢野顕子『SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。 ~』[2017デジタル・リマスター版]

新宿バルト9、 梅田ブルク7、センチュリーシネマ(名古屋)、T・ジョイ博多、ユナイテッド・シネマ札幌ほか全国の劇場にて、2017年1月6日(金)より15日間限定ロードショー

出演・演奏|矢野顕子
インタビュー出演|鈴木慶一、 谷川俊太郎、 糸井重里、 三浦光紀、 宮沢和史、 David Rubinson(出演順)
監督|坂西伊作 
撮影|夏野大介
1992年/日本/モノクロ/DCP/2ch/79分
公式サイト| http://www.110107.com/yanoeiga
企画・主催: ソニー・ミュージックアーティスツ
配給|ライブ・ビューイング・ジャパン
配給協力|ソニー・ミュージックダイレクト
(C)映画『SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。 ~』[2017デジタル・リマスター版]

・全国共通劇場鑑賞券
前売券|1,900円(税込) 
当日窓口料金|2,300円均一(税込)※各種割引なし

この記事をツイート

この記事の関連情報