ウーター・ヘメル、約3年ぶりのニューアルバム発売&来日公演決定

ツイート

オランダ出身のシンガーソングライター=ウーター・ヘメルが通算5作目となるアルバム『アモリー』の発売とジャパンツアーの開催を発表した。

◆ウーター・ヘメル 関連画像

ウーター・ヘメルは、ジャズの要素をふんだんに取り入れた美しいポップス楽曲が特徴のシンガーソングライター。4月5日に日本先行発売される最新作『アモリー』は、UKのロック/ソウルバンド=ママズ・ガンのアンディ・プラッツとの共同プロデュースとなる。そんなバンド編成主体により制作されたことで、これまで以上にキャッチーでグルービーな楽曲がそろった、ファーストアルバム『HAMEL』に近い原点回帰とも言える雰囲気となっている。

また今作には日本盤ボーナストラックとして、日本のポップス/ソウルバンド、LUCKY TAPESとのコラボレーション曲が収録されることが決定。元々ウーター・ヘメルやその盟友ベニー・シングス等が所属するオランダ・アムステルダムのレーベル=DOX RECORDSの音楽性に共鳴していたLUCKY TAPESと、LUCKY TAPESの作品を聴いて共感したウーター・ヘメルが意気投合。お互いにジャンルの垣根を超える音楽性という共通点もあり、今回のコラボ曲「So Much Better/Wouter Hamel featuring LUCKY TAPES」の制作に至った。

高橋海(LUCKY TAPES) コメント

ベニー・シングスがプロデュースを手掛けていたことで知ったウーター・ヘメル。ジョヴァンカといい、ベニーが携わっているアーティストや作品に外れはない。数年前に雑誌のインタビューで、影響を受けた作品として『Lohengrin』のレコードについて触れたこともあるくらい。そんなウーターとの共作が叶った今回の楽曲は、LUCKY TAPESの軽快なポップさとウーターの強力な歌声、ハーモニーによって見事な化学反応が起きている。YouTubeでは何度もみているけど、実際にはまだ本人にお会いしたことはなく、オランダにも行ったことはないが、映像の中で歌う彼の姿やオランダの色彩豊かな街並みを妄想しながら作った一曲。いつか一緒に演奏できる日を楽しみにしている。


ニューアルバム『AMAURY』

4月5日(水)日本盤先行発売
VICP-65429 2,500円+税
歌詞・対訳・解説付 ボーナス・トラック3曲収録
日本盤のみLUCKY TAPESとのコラボレーション曲「So Much Better / Wouter Hamel featuring LUCKY TAPES」収録

●収録曲
1. Stray Cat
2. Hey Now
3. Incurable
4. Soul Sold
5. Amaury
6. Dagger & Smiles
7. Shackled
8. Keep Watch
9. Lucky Day
10. When All The Bars Have Closed
11. The Only One(bonus track)
12. Wiser Now(bonus Track for Japan)
13. So Much Better/WOUTER HAMEL featuring LUCKY TAPES (bonus track for Japan)

<WOUTER HAMEL Japan Tour 2017>

6月1日(木)@ビルボードライブ東京
5月30日(火)@ビルボード大阪
予約開始日 Club BBL会員: 3月21日(火)一般:3月28日(火)
URL: http://www.billboard-live.com

◆ウーター・ヘメル オフィシャルサイト(英語)
◆レーベル オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス