アヴリル・ラヴィーン「新作でちょっと自分の原点に戻る」

twitterツイート

クリスマス時期、2017年にアルバムを発表する予定だと明かしたアヴリル・ラヴィーンが、『Billboard』誌にその制作過程を語った。歌詞、サウンドとも、これまでとはやや違うものになりそうだ。

◆アヴリル・ラヴィーン画像

「ソングライターとして、自分自身に挑戦したわ。これまで取り上げていなかったトピックについて書きたかったの。愛をテーマにしたものもあるけど、人生についての曲が多い。この数年でいろんなことを経験した。それで、そんな曲がどんどん浮かんでくる。コンセプトと歌詞があふれ出てきたのよ。ケータイ取り出して、ヴォイス・メモに向けて歌って残しておかなきゃってことがよくあった」

曲のインスピレーションと問われると、こう答えた。「エド・シーランやショーン・メンデス、自分のヴォーカルとソングライティングの腕前を披露している人達を聴くのを楽しんでる。それに、ビリー・ホリデイやフランク・シナトラ、ジャズなんかもよく聴いてるわ。(新作は)ちょっと私のルーツに戻ると思う…。私は子供のころ、教会やカントリー・フェアで歌い始めたの。そういう初期の影響がいま、間違いなく出てる」

現在は、曲作りが終盤にさしかかっており、プロデューサーを選んでいるところだという。

アルバムが完成するまでにはもう少しかかるが、すでに1stシングルにしたいと考えている特別な曲があるそうだ。「(病気で)寝込んでいるとき、本当に、死ぬかと思ってた…。死を近くに感じたとき、最も正直で感動的な曲が浮かんだのよ」

アヴリルは新たにレコード会社BMGと契約。2013年のセルフ・タイトルの『Avril Lavigne』以来となる新作の発表は、アヴリルいわく「すぐ」だそう。

アヴリルは昨年終わり、「ライム病と闘うため休みを取っていたこの2年間のあなた達の忍耐と支援に感謝したい。辛い闘いだったというだけでなく、学ぶところもあったわ。これは、私の新しい音楽、芸術性、人生、人格に反映するでしょう」「心をオープンにし、あなた達と共有するのが待ちきれない! 新曲をみんなに聴いてもらうことにワクワクしてる。2017年は素晴らしい年になるわ!」とのメッセージをファンに送っていた。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報