リアム・ギャラガー「オアシスは終わった」

twitterツイート

ソロ・デビュー・シングルをリリースし、プロモーション活動を開始したリアム・ギャラガーには、ほとんど全てのインタビューでオアシスに対する質問が挙がるが、その1つ、BBCラジオ2の番組で、リアムは改めて「オアシスは終わった」と宣言した。

◆リアム・ギャラガー画像

過去にはオアシスの再結成にオープンだとの発言もあったリアムだが、マンチェスター爆発事件の犠牲者への支援公演<One Love Manchester>に兄ノエルが出演しなかったことに腹を立てている真っ最中であろういまの心境はこうだ。

「オアシス、あれは終わった。もうずい分前に終わっている。週末のことに関わらず、ノエル・ギャラガーはやりたがっていない。ピリオド。あいつは自分のやってることに満足している。俺を楽しませるつもりはない。俺があいつのやることに賛同しないのを知っているからな」

「あいつは、イエス・マンに囲まれたいんだ。雇うのも解雇するのも自分の好きなようにできる連中だ。でも、俺に対してそれはできない。俺が、あいつにはマンチェスターの人たちへの共感や思いやりが欠けているって指摘したこととは関係ない。オアシスは終わった」

「そもそも、俺はバンドを解散したくなかったんだ。あいつは、なにかとんでもなく酷いことが起きたように話をでっちあげたが、ソロに転向したかったから、終わらせたかっただけだ。なんで人々がそれを理解しないのか、俺にはわからない」

ノエルは現在のところ、リアムのこれら一連の発言にコメントしていないが、秋に新作のリリースを控えプロモーション活動を行なう際、反撃に出るかもしれない。

リアムは6月1日にソロ・デビュー・シングル「Wall Of Glass」をリリース。週末発表された最新のUKシングル・チャートで21位をマークした。

リアムは10月にソロ・デビュー・アルバムを、ノエルは11月にサード・アルバムをリリース予定。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報