FABLED NUMBER、全国ツアー完遂「感謝を伝えたい人が増えました」

twitterツイート

FABLED NUMBERが6月30日、東京・TSUTAYA O-WESTにて全国ツアー<ILLUMINATE Tour 2017>のファイナル公演を開催。本ツアーは2月に発表したメジャーデビューアルバム『ILLUMINATE』を携え、全15公演にわたり開催されたもので、会場には多くのファンが集結した。
◆FABLED NUMBER ライブ画像

場内が暗転するとライブの定番曲「AAO」からスタートし、映画『マスタード・チョコレート』の主題歌に起用された「夜の鼓動」、「世界は君に鳴り響く」とアップチューンで会場の熱気を高めていく。中盤、「World Joke」「Sing In A Night」「Push me」「オーケストラック」の4曲を披露後、N'Eita(G&Vo)が「みんな、今日はほんまにありがとう。今歌った4曲は、みんなへの感謝も込めて今までの中で一番大切に歌いました。メジャーデビューして色んなことが変わったけど、本当に感謝を伝えたい人が増えました。ほんまにありがとう。」とMCをすると会場からは大きな拍手が。後半も次々と定番曲をドロップして会場はダンスフロアと化し、『ILLUMINATE』のリード曲「The Lights」「YES」で本編を締めくくった。

アンコールと共にメンバーが登場すると「One time」、「The King」を披露し本公演の全てが終了となるはずだったが、ファンからはダブルアンコールの声があがり、まずN'Taichi(B&Cho)とEita兄弟がステージに登場。息の合ったトークで会場を笑わせた後に、Eitaの弾き語りで「キライな君はもういない」をパフォーマンス。最後には残りのメンバーもステージに登場して「You and I drifted to our odd life」「Even if the world is over」を力いっぱい演奏してツアーファイナルは幕を下ろした。


撮影◎NAOTO SONODA

■セットリスト

2017年6月30日(金)東京・TSUTAYA O-WEST
1.AAO
2.夜の鼓動
3.世界は君に鳴り響く
4.I don’t wanna write this story
5.Don’t let me go
6.World Joke
7.Sing In A Night
8.Push me
9.オーケストラック
10.シンボル
11.Let You Cry, Let You Fly
12.The Seaside Corporation
13.Dancer in the war
14.interlude
15.Laughing crying and living
16.Move
17.The night lets us dance dance dance
18.Two
19.We don’t care what you break my mind
20.トワイライトシティ
21.The Lights
22.YES

アンコール
en1.One time
en2.The King

Wアンコール
en3.キライな君はもういない
en4.You and I drifted to our odd life
en5.Even if the world is over

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報