『NHK紅白』Perfume、セカオワ、郷ひろみ×登美丘高校ダンス部ら特別演出発表

twitterツイート

2017年12月31日に放送される『第68回NHK紅白歌合戦』の見どころとなるスペシャル演出および出演ゲストの詳細が発表されている。

この発表では、紅組と白組のスペシャルコラボレーションとして「目抜き通り」を披露する椎名林檎とトータス松本のデュエットをはじめ、中継企画やVTR企画なども明らかになった。

SEKAI NO OWARIの「RAIN」では、産休中のSaoriに代わってNakajinがピアノを演奏。平井堅の「ノンフィクション」では、ダンサーの大前光市が辻本知彦による振付で楽曲のメッセージを伝えるダンスに挑む。郷ひろみはtofubeatsがアレンジを手掛けた「2億4千万の瞳~GO! GO! バブルリミックス~」で大阪府立登美丘高等学校ダンス部と共演し、“けん玉大使”の三山ひろしは「男の流儀~けん玉世界記録への道~」として、歌唱中にけん玉でギネス世界記録に挑戦。氷川きよしは総勢100人のダンサーと金銀の紙吹雪、超巨大宝船が登場する豪華な演出とともに「きよしのズンドコ節」を届け、「AMBITIOUS JAPAN!」を歌うTOKIOはステージパフォーマンスのほか、有明の競技場建設現場や町工場など、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて準備を重ねる人々の様子を紹介する。

AI×渡辺直美の「キラキラ」では吉田ユニ制作のスペシャル映像が背景を彩り、先頃ライブ活動復帰を果たしたSuperflyは『第66回NHK紅白歌合戦』以来2年ぶりのテレビ出演となる復活のステージで「愛をこめて花束を」を歌唱。島津亜矢はベット・ミドラー「The Rose」でジャンルを超えたカバーに挑む。水森かおりの「早鞆ノ瀬戸」では森三中の黒沢かずこも応援に駆け付け、中国の古典舞踊を元にした“千手観音ダンス”やフライングの演出を交えたステージが披露され、坂本冬美「男の火祭り」のステージには秋田の竿燈から琉球の祭り太鼓まで日本各地の祭りが集結。ステージにはHey! Say! JUMP、三浦大知ら白組有志も登場予定となっている。そして40回目の紅白出場となる石川さゆりは初出場時にも歌唱した「津軽海峡・冬景色」を「富嶽三十六景」の映像とともに届け、紅組のラストを飾る。

また、Perfumeは会場のNHKホールを飛び出し、大規模な再開発で変貌を遂げる渋谷の街からの中継で「TOKYO GIRL」を披露。福山雅治は横浜の<福山☆冬の大感謝祭其の十七>会場から「トモエ学園」を届ける。福山の出演シーンでは、この秋、自身の母校である長崎市立稲佐小学校で4年生たちを相手に行なった授業の模様もVTRで紹介されるという。

スペシャルゲストにはデビュー65年を迎えた黒柳徹子と、陸上100mで日本人初の9秒台を記録した東洋大学の桐生祥秀選手が決定した。これまで紅白の司会を6回務めてきた黒柳は今回、“「夢を歌おう」スペシャルプレゼンター”として登場する。このほか、くまモンは初出場のWANIMAを熊本から応援し、連続テレビ小説『わろてんか』主演の葵わかなも主題歌を歌う松たか子の応援に駆けつける。さらに、とろサーモン、サンシャイン池崎、みやぞんの出演も決定した。

なお、オープニングには出場歌手46組と3人の司会者が総出演する“グランドオープニング”映像も登場。オープニングテーマは宮川彬良が書き下ろし、ステージングはMIKIKOが担当する。

『第68回NHK紅白歌合戦』は、12月31日(日)19時15分よりNHK総合、ラジオ第1にて放送される。

『第68回NHK紅白歌合戦』

NHK総合・ラジオ第1
2017年12月31日(日)19:15~23:45
※中断ニュースあり


twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報