ケンドリック・ラマー、映画『ブラックパンサー』からの1stシングルをリリース

twitterツイート

マーベル・スタジオ製作の新スーパーヒーロー映画『Black Panther(ブラックパンサー)』のサウンドトラックをプロデュース/監修したケンドリック・ラマーが、同アルバムからの1stシングルとなる「All The Stars」をリリースした。

◆「All The Stars」音源、ジャケット画像

ラマーは「All The Stars」でR&BシンガーのSZAとコラボ。木曜日(1月4日)音源をYouTubeで公開した。



『Black Panther』のサウンドトラックは2月9日にリリースされる。Google Musicによると、映画にインスパイアされ誕生した音楽、14曲を収録予定だという。SZA以外のゲストはまだ明かされていない。

マーベル・コミックの『Black Panther』を実写化した映画は、ライアン・クーグラーが監督し、チャドウィック・ボーズマン、マイケル・B・ジョーダン、ルピタ・ニョンゴらが出演し、アメリカで2月16日に公開される(日本3月1日予定)。

ラマーは「Black Pantherはキャストから監督まで素晴らしい。この映画が偉大なのは、アートとカルチャーの最良の縁組とはどんなものかを示しているところだ。ライアンとマーベルのヴィジョンに沿い、サウンドをプロデュースし音楽を作ることができたのは光栄だ」とコメントしている。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報