【千歌繚乱インタビュー】JILUKAという総合芸術

twitterツイート

“V系モダンメタル”を提唱するJILUKA。BARKS主催イベント<千歌繚乱>には二度目の出演となる。今回BARKSでは彼らのバンドとしての生い立ちから、最新シングルについての話までロングインタビューを敢行。JILUKAといえばテクニカルかつ激しいバンドサウンドが目を惹くのだが、意外にもメンバーたちの素顔は和やか。そんな雰囲気も味わいつつ、JILUKAというバンドに触れてみて欲しい。

◆ミュージックビデオ・アーティスト写真

※本記事は4月2日(月)に渋谷REXで開催される<千歌繚乱vol.15>において、来場者限定で配布される「千歌繚乱 ARTIST BOOK」掲載のインタビューの一部を事前に公開するもの。「千歌繚乱 ARTIST BOOK」ではメンバーへの一問一答アンケートなど、より深い内容が掲載されている。

   ◆   ◆   ◆

――改めてJILUKAとはどんなバンドでしょうか。

Sena(G):音を聴いてもらえればわかると思うんですが、メタルを基調として自分たちがいいなと思っているものを貪欲に取り入れていくスタイルのバンドです。世間一般で思ってるようなメタルバンドとはちょっと違うかもしれない。

――2016年の<千歌繚乱>に出演してくださったとき、Senaさんが「JILUKAという総合芸術」だと言っていたのが印象に残っています。

Sena:そうですね、そこは今も変わっていません。さっき言ったこともひとつなんですけど、音楽面だけではなくビジュアル面も含めてもっと広い枠でいうと、このバンドは“JILUKAという総合芸術”を表現していることになります。


▲Ricko(Vo)

――「総合芸術」という考え方、とても素敵だと思います。演奏力の高いメンバーが揃ったのも、総合芸術につながっていると思うのですが、そもそもみなさんが楽器をはじめたきっかけは?

Ricko(Vo):僕は元々ギターだったんですけど、当時やっていたバンドにボーカルがいなくて歌うことに…。すっごく恥ずかしかったしアガりながら歌ったんですけど、周りに「いいじゃん!」って持ち上げられてそのままボーカルに。

Sena:僕がギターを始めたきっかけは諸説あるんですけど、元を辿れば最初はドラムをしようとしてて。

――意外!

Sena:いやー、自分ドラムだなって思ってたんですけど、その話がとん挫してギターに。自分も口だけでそんなやりたいと思ってなかったんだろうね(笑)。みなさんが思っている以上に、バンドを始めるきっかけって、すっごい適当だよね。

Zyean(Dr):うんうん、ノリだよね。ドラムやりたいです、みたいな。で、飽きて他の楽器始めたりね。

――JILUKAのメンバーさんは演奏力が高いので、最初から明確な意思を持って自分の楽器を始めたのかと。

Sena:よくある募集、ギターオーディションとか、そういうのとは無縁でした。

Boogie(B):僕はバンド作ろうよってなったときに、人が足りないからその場だけでいいからベース弾いてよって言われたのがきっかけでした。音楽を長期的に続けようと思って始めたわけでもなくて、その時だけステージに立つつもりが今ではどっぷり。

Zyean:僕は最初、ボーカルやりたかったんです。昔は独学で歌の練習もしていて。それだけに限らずギターやベースもやりたくて手を出したんですが、あんまりしっくりこなくて最終的にドラムに手を出したんです。正直ドラムって一番やりたくなかったんです。

Ricko:皆今のパートと違うじゃん(笑)。


▲Sena(G)

――ボーカルとドラムは真逆のイメージですよね。

Zyean:そうなんですよ。目立ちたがり屋なんで、前に出たかったんですよ。でもドラムをやってみたらハマっちゃって。そのときはバンド活動をしていたわけではなかったので、独学でいろいろ勉強したり雑誌を叩いたり練習することから始めました。

――そしてどのようにしてこのメンバーが出会ったのでしょうか。

Sena:僕がライブやってるのをRickoが見にきたんですが、僕とバンドを組むものだと勘違いしてて。あまりにも勘違いしてるから、断りづらいな…ってなったのがきっかけでした。

Ricko:そう。勝手に見に行って勝手に話進めましたね。

Sena:「あれ、そんなこと言ってないけど」と思いつつも押し切られるような形で話が進み、すぐにとりあえずベースとドラム探さなきゃって、ライブハウスを見に行ってBoogieにコンタクトをとりました。ただ、自分たちの音楽性ではドラムが重要なのでドラムがなかなか決まらなくて。

Boogie(B):ライブハウスを見に行こう、ってなったんですけど、僕、勘違いしてみんなと違うライブハウス行っちゃって。そしたらそこにZyeanがいて、「飯でもどうですか?」って流れからZyeanがドラムをやってくれることになりました。

Sena:勘違いから生まれたバンドだといってもいいです(笑)。


▲Boogie(B)

――勘違いでこんなメンツが集まり、前身バンドから含めると4〜5年バンドを続けているという。

Sena:そうですねえ、勘違いから。

Ricko:そんな言い方しなくていいじゃん! やっぱ、仲が良いから一緒にいるんでしょうね。…あ、ごめんなさい、仲悪い奴いました。

――え!?

Ricko:Zyeanです。

Zyean:そう、ちょー仲悪いんすよ。

Boogie:さっきも喧嘩してたよね(笑)。ほんとにガキの喧嘩。じゃれあいがエスカレートするっていう。

――音楽的なぶつかり合いではなく。

Ricko:音楽的にはぶつかったことないよね?

Zyean:そうだね、音楽的にはお互い対等に見てないからぶつかることはないよね。

Boogie:こういうことです(笑)。

――逆に仲がいいってことがわかります。それぞれ、お互いの魅力についても教えてください。

Ricko:Senaはやっぱり指の動きがすごい! もともとギターやっていたからわかるんですよ、これは絶対に勝てないと。Boogieはふざけたことを何でも拾って面白おかしくしてくれるところ。Zyeanはいつもガチャガチャうるさいんですけど、心地いいドラムを叩いてくれる。ドラムは、Zyean以外ありえない。

Sena:そんなRickoは突進力がすごい。勘違いで僕に声をかけてきたってのもそのひとつで。断るタイミングはあったはずなのにそうしなかったのは、彼が魅力的だからなんでしょうね。Boogieはバンドの潤滑剤。かつ、ベースを持ったときのシルエットが美しいので、彼にベースを担当させた昔のバンドメンバーに感謝したいです。そしてZyeanの一番の魅力はお互いのプレイスタイルに影響を与えているところ。今の彼のドラムスタイルにベストなギターが弾けていると思います。

Zyean:確かに。僕は好きな音楽が結構偏ってて、結構うるさいコアなジャンルを良く聴くんです。周りにもそういうの好きで聴いてるって人がいないんですが、Senaはそんなの気にせず聴いてくれてたりして。それが結局今のJILUKAのサウンドにかなり影響してるのかなって思います。Boogieも好きな音楽が似てるし、音楽以外でも趣味が合う。彼は演奏中にしっかりドラムを聴いて音をあわせてくれるんですよ。

Boogie:ベースってそういう仕事(笑)!

Zyean:リズム隊っていいよね。で、Rickoは実直にいろんなことを吸収しようとしているところを評価しています。あと、声がすごく大きくてよく通るので、一緒にご飯を食べに行ったりした際、店員さんを呼ぶときにすごく便利。

――(笑)。


▲Zyean(Dr)

Zyean:バンドのムードメーカで、必要不可欠な存在でもありますね。

Ricko:嬉しいこと言ってくれんじゃん!

Boogie:そうだね、Rickoは明るいキャラクターが何より魅力。僕らがやってるメタルって知らない人からするとちょっと怖いというかハードルが高い音楽だと思われがちなんですけど、Rickoの人を惹きつけるキャラクターで偏見なく聴いてもらえるのは本当にありがたい。Zyeanは演奏面でめちゃくちゃかっちりしてるんで、正直ちょっといまZyean以外のドラムとは合わせられないですね。

Ricko:嬉しい?

Zyean:…嬉しい。

Boogie:で、Senaはリーダーなんで常に自分の意見がしっかりあるし、それでいて周りの意見もちゃんと聞いて取り入れるし、色んな立場や状況でも中立でいてくれます。彼がいないとバンドは成り立たないなって感じです。

――メンバーの人柄がよくわかりました。続いてのページでは、作品についての話を聞いていきます。

◆インタビュー(2)へ

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報