ストロベリー・フィールド、再建プロジェクトのためにレンガを販売

twitterツイート


ザ・ビートルズの名曲の1つ「Strawberry Fields Forever」で歌われたストロベリー・フィールドのレンガが売りに出された。

◆ストロベリー・フィールド 画像

英国リバプールにあるストロベリー・フィールドはかつてSalvation Army(救世軍)により運営されていた孤児院で、閉鎖されてからも敷地前には多くのザ・ビートルズ・ファンが訪れている。

現在、Salvation Armyは再建計画を進行中で、ストロベリー・フィールドのレンガを売りに出す<Strawberry Field Buy A Brick>資金調達キャンペーンを始めたそうだ。火曜日(5月15日)、ザ・ビートルズ・ファンに「Help!」と呼びかけた。

「ジョンはこのすぐ近くでミミおばさんに育てられ、よく壁を乗り越えてはここで遊び、毎年恒例のガーデン・パーティーでは(孤児院の)子供たちと交流し、この場所に安らぎを見出し、避難場所のように考えていたと言われています。当時のヴィクトリア時代の大きな屋敷は残念ながら70年代に取り壊されましたが、我々は、多数のオリジナルのレンガを回収することができました」

「ストロベリー・フィールドの一部を所有するなんて、ザ・ビートルズ・ファンにとって特別な贈り物になるでしょう」

レンガは1つ75ポンド(約1万1,200円)で、2,500個限定販売。Salvation Armyが開設したストロベリー・フィールドのサイト内のストア(store.strawberryfieldliverpool.com/)にて1人4つまで購入できるそうだ。


また、ジョン・レノンの異父妹、Julia Bairdさんが、このストロベリー・フィールド再開発プロジェクトの名誉会長に就任したという。彼女は、「ストロベリー・フィールドを初めて一般公開するという計画──このホームについてのユニークな展示や、ジョンがなぜ、どうやってこの曲を作ったのかを目にでき、そして子供のときのジョンと同じようにビジターがこの敷地を探索できる──は、とてもエキサイティングです」と、コメントしている。

Ako Suzuki

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報